自動チューブ洗浄装置の市場規模、2028年に1億5818万米ドル到達予測

自動チューブ洗浄装置の市場規模は、2020年の1億1008万米ドルから、2028年には1億5818万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.74 %のCAGRで成長することが見込まれています。

自動チューブ洗浄装置は、チューブ内を移動する洗浄体で構成され、チューブ内壁に付着した堆積物を除去します。最も基本的な装置では、ロッドや流体バネによってチューブ内に押し込まれるブラシやボールがあります。しかし、大規模な技術や産業分野では多くのメカニズムが登場しており、より包括的な方法が必要となっています。自動チューブ洗浄システムは、HVACシステムの動作性能を向上させます。さらに、海水淡水化設備の設置プロジェクトが増加していることが、市場の成長に有利であると期待されています。一方、このシステムの優れた利点についての知識が不足していることや、故障検出の可能性があることが、市場成長を抑制する要因となっています。

政府機関はエネルギーをより効果的に利用するため、新しい取り組みを開始しています。例えば、インド政府は2007年5月27日、新しい商業ビルを対象としたECBC(Energy Conservation Building Code)を制定しました。ECBCは、接続負荷が100kWまたは契約需要が120KVA以上の新規商業ビルに対して、最低限のエネルギー基準を定めています。建物の所有者が電気システムの定期的な点検に同意することで、自動チューブ洗浄システムの需要は一層増加します。商業施設や製油所では、エネルギー効率の高いプロセスの活用に取り組んでいます。また、チューブ洗浄は、医療・ヘルスケア産業や食品産業においても、その成長が期待されています。

アジア太平洋地域の自動チューブ洗浄装置市場は、インフラ整備と経済成長により、予測年内に大きな成長が見込まれています。製油所や商業施設では、省エネや作業効率の向上を求める声が多く、自動チューブ洗浄装置の需要が高まっています。今後数年間は、経済成長の向上に伴う電力需要の増加により、より多くの発電所が建設されることが予想され、発電産業においても自動チューブ洗浄装置の需要を後押しすると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]