救助用ホイストとカーゴウインチの市場規模、2028年に27億3450万米ドル到達予測

救助用ホイストとカーゴウインチの市場規模は、2020年の16億3842万米ドルから、2028年には27億3450万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.3%のCAGRで成長すると見込まれています。

各国政府は、旧型ヘリコプターの代替として、救助用ホイストやカーゴウインチがあらかじめ搭載された先進的なヘリコプターに投資しています。現在、政府が所有するヘリコプターのほとんどが、救助用ホイストを搭載しています。このようなヘリコプターは、救助活動、医療搬送、人道支援、災害救助、監視・目標設定などに使用されます。救助用ホイストやカーゴウインチシステムの製造には、厳しい規制があります。例えば、基本的な設計や使用する材料には仕様が定められています。通常、救助用ホイストやカーゴウインチの製造には、耐腐食性のあるオーステナイト系ステンレス鋼が使用されています。また、ワイヤーロープの加工方法も規定されています。したがって、救助用ホイストやカーゴウインチのメーカーは、製品の能力をテストする際に細心の注意を必要とします。

先進国だけでなく発展途上国の政府も、捜索救助や医療避難の目的で新型ヘリコプターの買い替えを進めています。例えば、2016年、インドの国防省は、111機の海軍多目的ヘリコプター(NUH)を調達することを決定し、これに伴い、フライトシミュレーター2台、整備シミュレーター1台のインフラを整備することになりました。これらのヘリコプターの用途は、捜索救助、医療搬送、通信業務、監視・照準業務などを想定しています。技術仕様書には、事前に救助用のホイストを設置することが明記されており、ホイストには規定の耐荷重と使用可能な最小ケーブル長が定められています。

COVID-19パンデミックが救助用ホイストとカーゴウインチ市場に与える影響

COVID-19の発生により、世界的に、固定翼機およびヘリコプターといった航空機の需要が減退したため、機体の生産数、受注量がともに減少しました。この減少は、さまざまな部品メーカーのビジネスにも悪影響を及ぼしました。航空機メーカーが2020年上期の2四半期に部品の調達を控えたため、航空業界の需要は混乱しました。救助用ホイストとカーゴウインチ市場のプレーヤーのビジネスも、航空機生産の不安定化によって深刻な影響を受けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]