アートワーク管理ソフトウェアの市場規模、2028年に9億4280万米ドル到達予測

アートワーク管理ソフトウェアの市場規模は、2020年の4億6905万米ドルから、2028年には9億4280万米ドルに達し、2021年から2028年の間に9.2%のCAGRで成長すると予想されています。

アートワーク管理ソフトウェア市場の成長の背景には、製薬・ライフサイエンスビジネスの拡大があります。世界中で医薬品やその他のライフサイエンス要素の需要が高まっていることから、アートワーク管理ツールは主に製薬やライフサイエンス分野で使用されています。製薬業界では、パッケージング・ラベリングはミッションクリティカルなプロセスとして認識されており、組織がより多くの顧客を引き付けるための戦略的目標を立てるのに役立っています。ラベルが頻繁に変更されるのは当然のことであり、新しい規則や規制も頻繁に生まれています。この要因は、アートワーク管理システムを利用して、ヒューマンエラーを減らし、プロセスの不一致を減らし、ラベルの品質とビジネスの敏捷性を向上させるのに役立ちます。さらに、医療機器メーカーは、製薬・ライフサイエンス分野の円滑な運営を維持するために、欧州連合のMDRシステムやFMD(Falsified Medicines Directive)、米国食品医薬品局のUDI(Unique Device Identification)やDSCSA(Drug Supply Chain Security Act)などの規制要件を遵守しなければなりません。そのため、メーカーは新たな規制要件に対応するため、医療機器の包装やバーコードラベルのプロセスを見直しています。

COVID-19パンデミックのアートワーク管理ソフトウェア市場への影響

パンデミックは、アートワーク管理ソフトウェア市場にもマイナスの影響を与えています。旅行禁止、移動制限、サプライチェーンの一時的な閉鎖などにより、ラベル・パッケージ業界の製造業に悪影響を及ぼしました。その一方で、食品や飲料、生物学的または薬学的研究室向けの医薬品などの必須商品の業務活動により、パッケージングやラベリングの需要が高まり、アートワーク管理システムの採用が増加しています。これにより、アートワーク管理ツール市場のプレーヤーは、自社製品に対する需要が絶え間なく続いていることを実感しています。

クラウドベースのアートワーク管理プラットフォームの採用

製薬、食品・飲料、消費財、物流、ライフサイエンスなどの業界では、世界的にビジネス活動が活発化しているため、先進的なアートワーク管理ツールの導入が注目を集めています。さらに、75%以上の企業が、2020年のビジネスリカバリーを目指して、デジタルトランスフォーメーションの推進を計画していることが明らかになりました。企業は、事前に設定したデジタル目標を達成するために、費用対効果の高い協調的なソリューションを採用することを検討しています。

アートワーク管理ソフトウェアにより、アートワークの校正と承認をオンラインモードに移行することで、アートワークの承認と製品の発売の両方のスピードを促進し、内部および外部のコストを削減するなど、大きなメリットを得ることができます。コスト削減とアートワーク承認の迅速化という側面から、クラウドベースのアートワーク管理ツールの採用拡大が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]