ヘリコプター観光の市場規模、2028年に10億1490万米ドル到達予測

ヘリコプター観光の市場規模は、2020年の7億4500万米ドルから、2028年には10億1490万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.4%のCAGRで成長すると見込まれています。

ここ数年、ヘリコプター観光は世界中で高い人気を集めています。過去5年間、新たな観光地が登場したことで、世界の旅行・観光産業に新たな時代が到来しました。観光業者の増加に伴い、ヘリコプターの数だけでなく、航空ツアーの需要も増加しています。ヘリコプターは、救急車や政府系航空会社に加えて、商業顧客からも大きな需要があります。近年、先進国や発展途上国のさまざまな都市でヘリコプターを利用した観光が急増しており、これがヘリコプター観光市場の成長を後押ししています。また、民間ヘリコプターメーカーの増加に伴い、観光用の民間ヘリコプターの採用も増加しています。ヘリコプター観光市場では、北米が突出している一方で、2019年から2027年の間の、CAGRの観点からは、APAC(アジア太平洋)地域が最も急速に成長すると予想されています。

北米諸国では、旅行と観光が経済成長のための主要なツールです。航空旅行は、旅行・観光産業の中でも最も堅調な市場の一つになると予想されています。各国業界では、団体旅行と個人旅行の両方から収益を上げることに注力しています。北米の旅行会社やオペレーターは、現代の観光活動の形成に大きな影響力を持っています。また、北米の旅行支出の大部分は米国が占めています。デジタルの進歩は、北米地域の旅行者と旅行業者の双方にメリットをもたらしています。旅行者は、ニーズや好みに応じてカスタマイズされた、手頃なサービスを提供する航空ツアー会社からサービスを受けることができます。旅行・観光市場では、人工知能やモノのインターネット(IoT)などの技術が重要な役割を果たしています。人工知能の助けを借りて、プロバイダーは旅行者とつながることができ、AIと統合されたモバイルアシスタントは、旅行者の旅をサポートします。また、デジタルペイメントやインスタントペイメントを利用することで、安全な支払いを可能にします。このような技術の導入により、航空ツアーサービスプロバイダーの市場成長には多大な可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]