マーケティング向け人工知能の市場規模、2028年に1075億3557万米ドル到達予測

マーケティング向け人工知能の市場規模は、2020年の120億4446万米ドルから、2028年には1075億3557万米ドルに達し、2021年から2028年の間に31.6%のCAGRで成長すると予想されています。

顧客中心のマーケティング戦略の導入や、ソーシャルメディアプラットフォームを利用した広告の増加などが、マーケティング向け人工知能市場の成長を後押しする要因となっています。さらに、クラウドベースのアプリケーションやサービスの導入が急増していることも、マーケティング向け人工知能市場のプレーヤーにとって大きな市場機会となっています。一方、AIの知識に精通した人材が少ないことが市場成長の妨げとなっています。

顧客中心のマーケティング戦略の導入が進む

業界を問わず、多くの企業は、グローバル市場での急速な競争の中で生き残るために、顧客との長期的で相互に有益な関係を築くことに注力しています。近年、顧客エンゲージメント戦略や行動は、製品主導型から顧客中心型へとシフトしています。 顧客中心型であれば、企業は顧客をよりよく理解し、顧客のニーズを予測し、いつでも対応することができます。顧客中心のエンゲージメントへの移行に成功した企業は、多大な競争力を持ち、売上と収益の成長を享受していることが証明されています。Harvard Business Review誌によると、Fortune 500企業の3分の1以上が、プリファレンス、セグメント、ジャーニーをコンセプトに、顧客を中心とした改革を行っています。そして、近年の上位ブランドの多くは、顧客中心主義の導入に成功しています。アメリカでは、American Express、Tumi、USAAなどが顧客中心主義の企業として人気があります。顧客中心主義とは、購入前と購入後の両方で優れた顧客体験を提供することで、再び採用される機会を作るとともに、顧客のロイヤルティを高め、事業の発展を促すことを重視したビジネス戦略です。例えば、ZapposやAmazonは、数十年かけて顧客とその好みを中心とした文化を発展させてきた、顧客中心主義の企業の優れた例です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]