マイクロ波送信機の市場規模、2028年に53億3010万米ドル到達予測

マイクロ波送信機の市場規模は、2020年の31億3560万米ドルから、2028年には53億3010万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.3%のCAGRで成長すると見込まれています。

バックホールメディアの到達範囲は、ネットワークの地理的な部分によって異なりますが、これは、固定通信や移動通信市場の成熟度や政府のインセンティブなどの要因に起因しています。さらに、バックホール用マイクロ波送信機市場全体におけるマイクロ波技術のシェアは、今後数年で低下すると考えられます。しかし、マクロセルおよびスモールセルの基地局数は引き続き増加するため、マイクロ波で接続された基地局の総数は増加すると考えられます。北米は、LTEの展開が早い地域の一つです。すぐに利用できるファイバーがないことや、既存の銅ベースのインフラが故障していることから、ここ数年、バックホール展開においてマイクロ波技術のシェアが拡大しています。西欧は、特に人口密度の高い地域でのファイバー導入において成熟した市場です。しかし、アフリカ、インド、中東などの他の地域では、ファイバーへの移行に時間がかかる可能性があります。これは、他人の敷地や所有物の中を特定のルートで通ることができる、法的権利などの使用権に起因しています。とはいえ、モバイルブロードバンドネットワークの大半は、マイクロ波バックホールを使って展開されると考えられます。ラテンアメリカでは、政府の取り組みや事業者の投資により、ファイバーへの移行が急速に進むと予想されています。

4G、LTE Advanced、その他の新しい接続技術規格の進歩

3Gネットワークの継続的な拡大と改善、新しい4Gネットワークの展開、ピコ、Wi-Fi、マイクロ、屋内ソリューションなどの補完的なカバレッジソリューションの追加、5G展開計画の統合など、モバイルカバレッジとキャパシティは急速に進化しています。多くのモバイルネットワークオペレーター(MNO)は、2G・3Gネットワークから4Gネットワークへの移行計画の一環として、LTE展開に多額の投資を行ってきました。このLTE展開は、モバイルブロードバンド(MBB)の提案を改善し、カバレッジを向上させるだけでなく、より競争力のあるデータ料金や手頃な価格の高速インターネット機器を提供する上で、重要な役割を果たしています。GSMAの統計によると、2017年7月時点で、200カ国、782社の通信事業者がLTEに投資しており、192カ国で最大601のLTEネットワークが展開され始めています。

マイクロ波伝送ソリューションは、ギガビット/秒の機能を持つなど、考えられるほぼすべてのバックホール要件を満たします。同時に、周波数効率の向上、効率的なIPデータ伝送のサポートなど、高レベルの最適化と自動化を実現し、通信事業者のネットワーク進化における重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]