訴訟管理ソフトウェアの市場規模、2028年に19億1124万米ドル到達予測

訴訟管理ソフトウェアの市場規模は、2020年の7億7614万米ドルから、2028年には19億1124万米ドルに達し、2021年から2028年の間に12.4%のCAGRで成長することが見込まれています。

訴訟管理ソフトウェア市場の成長は、産業界へのテクノロジー導入を促進するための政府の取り組みに起因しています。各国政府は、テクノロジーの利用を最適化し、そこから利益を引き出すために様々な取り組みを行っています。法曹界では長年にわたり、従来のケースマネジメントシステムから高度なデジタルケースマネジメントへの移行が行われてきました。例えば、欧州の法律業界によるテクノロジーの導入は、独立した運営団体であるELTA(European Legal Technology Association)によって規制されています。同協会は、同地域の法律事務所全体で、ケース管理ソリューションやリーガルリサーチソリューションなど、さまざまなデジタルソリューションの採用を推進しています。また、カリフォルニア州弁護士会は、国内でサービスを提供するためにリーガルテクノロジーを採用しました。同様に、中東諸国では、UAE副大統領、ドバイ首相、ドバイ首長のイニシアティブにより、法律業界におけるテクノロジーの導入が進んでいます。

COVID-19パンデミックが訴訟管理ソフトウェア市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、世界中の法的手続きに悪影響を及ぼしています。経済不況に対する解決策が見出せない中、法律事務所は計り知れない困難に直面しています。レストラン、エンターテイメント、旅行など、ほとんどの業界が打撃を受けており、法律事務所も経済的損失を避けながらクライアントへのサービスを続けるために戦っています。法律事務所は、会社の経営を継続し、クライアントの代理をスムーズに行うため、最先端の技術とテクニックを備えたツールを選択しています。パンデミック状況下における、法律業界でのテクノロジーの導入は、訴訟管理ソフトウェア市場の成長に貢献しています。

5G技術の実用化

5Gとは、第5世代の携帯電話技術で、従来の技術よりも高い周波数で動作し、最速のダウンロードを実現します。5Gによるスピード化は、ケーブルや衛星インターネットに代わる有力な手段と考えられています。5Gは法曹界にも好影響を与え、法律事務所の意思決定プロセスにおいて重要な役割を果たすことが期待されています。例えば、訴訟の証拠開示段階では、弁護士の仕事の一部は、クライアントの大量のデータにアクセスすることですが、弁護士がクライアントのもとで確認できるデータの量は、そのテクノロジーネットワークの効率によって常に制限されます。高速ダウンロードが可能な5G対応デバイスがあれば、弁護士のモビリティが向上し、クライアントのもとで調査業務を行うことができます。同様に、5G技術の商業化は、企業内弁護士の成長に影響を与えると予想されます。例えば、ペンシルバニア州の破産弁護士によると、社内弁護士は自分のデータをより効率的に分析できるようになるとのことです。したがって、5Gはデータプロジェクトが法律事務所に委託される割合を減らすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]