超硬工具の市場規模、2028年に153億2099万米ドル到達予測

超硬工具の市場規模は、2020年の106億2397万米ドルから、2028年には153億2099万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.8%のCAGRで成長することが見込まれています。

製造デザインの発展と生産効率の向上により、優れた工作機械製品を検討する基盤が確立されつつあり、超硬工具の需要が高まっています。産業界で使用されている工作機械は、主に金属やその他の硬い素材を、穿孔、研削、剪断、切断などの方法で、独自の形状に加工・成形するために使用されています。現在、産業界で使用されている工作機械には、大きく分けて高速度鋼(HSS)と超硬工具の2種類があります。これらの工具は、高速性、サイクルタイムの短縮、長寿命、高い加工温度での刃先の保持、刃先の卓越した耐摩耗性などの重要な特徴により、様々な加工用途に広く使用されています。特に製造業において超硬工具の人気が高まっていることは、市場を活性化させる重要な要因の一つです。これらの超硬工具は、自動車、航空宇宙、鉄道、家具・大工、エネルギー・電力、医療機器などの業界の製造装置で使用されています。これらの業界では、製品の設計や製造に特殊な切削工具が使用されており、これが超硬工具の需要を促進しています。超硬工具を様々な業界に導入することで、超硬工具市場の成長をさらに後押ししています。

COVID-19パンデミックの超硬工具市場への影響

COVID-19パンデミックの急激な拡大により、世界各国の政府は車両や人間の移動に厳しい制限を課すようになりました。旅行禁止、大規模なロックダウン、ビジネスの停止により、パンデミックは様々な国の経済や無数の産業に悪影響を及ぼしています。日用品や商品の生産量が減少し、サービスも縮小しています。そのため、製造業、自動車産業、半導体・電子産業、石油・ガス、鉱業、航空、などの産業では、活動の一時的な停止により、操業が低迷しています。

ウイルスの感染を最小限に抑えるための世界的なロックダウンにより、中小企業を中心とした複数の製造業のサプライチェーンが混乱しました。さらに、2020年に生産活動の縮小は拡大し、超硬工具市場もマイナスの影響を受けました。一方、ヘルスケア製品へのニーズの高まりを受けて、医療業界からの超硬工具の需要が急増しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]