真空絶縁パイプの市場規模、2028年に13億8630万米ドル到達予測

真空絶縁パイプの市場規模は、2020年の9億2050万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2028年には13億8630万米ドルに達すると予測されています。真空絶縁パイプは、LNG用途で、リキッドファクションの低減、液体損失の低減、長距離でのLNG流量の増加などの利点から、市場の成長を牽引しています。また、優れた絶縁特性、耐久性、メンテナンスフリーなどの理由から、エンドユーザーの間で需要が高まっています。

真空絶縁パイプ市場は、製品別では、カスタマイズセグメントが高いCAGRで成長すると予想されています。これは、石油・ガス、エネルギー、ヘルスケアの各分野で、業界の仕様システムのためにカスタマイズされた真空絶縁パイプの需要が増加していることに起因しています。アプリケーション別では、食品・飲料分野が圧倒的な市場シェアを占めると予想されています。消費者一人当たりの所得が増加していることと、食品包装分野が発展していることが、食品・飲料分野の成長を促進する主な要因です。さらに、パッケージ食品や冷凍食品が増加していることも、カスタマイズセグメント市場に有利な機会をもたらしています。

COVID-19パンデミックの真空絶縁パイプ市場への影響

COVID-19の発生により、真空絶縁パイプの製造に必要な産業機器の製造、供給、販売に影響が出ています。産業界の活動が著しく低下していることが、真空絶縁パイプ市場の成長を妨げています。

クリーン燃料政策の支援

各国の政府機関は、クリーン燃料政策を支援または実施しています。この取り組みは、輸送における従来型燃料の使用を制限することに重点を置いています。その結果、代替燃料として天然ガスが急速に台頭し、2045年にはエネルギーミックスの25%を占めると予想されています。また、アジア太平洋地域では、多くの政府が消費者にクリーンなガス(LPG)燃料を使用した自動車への転換を奨励しています。インド政府は、環境にやさしい燃料に切り替える消費者に補助金を提供するとともに、変換にかかるGST(商品サービス税)を削減することを計画しています。さらに、この地域の真空絶縁パイプ市場の成長は、航空宇宙産業や製造業の急成長に伴い、液化天然ガス(LNG)の需要が急増していることに支えられています。クリーン燃料政策を採用する政府の取り組みが強化され、LNGの需要が増加し、石油・ガスプラントでの真空絶縁パイプの採用が促進されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]