自動車用ステアリングシステムの市場規模、2028年に308億7580万米ドル達成予測

自動車用ステアリングシステムの市場規模は、2020年の225億101万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2028年には308億7580万米ドルに達すると予測されています。物流や公共交通機関を中心に、バスやトラックの利用が増加しています。アジア、オセアニア、欧州では、自家用車よりも公共交通機関が好まれるのに対し、北米では自家用車が主要な交通手段となっています。都市部での人口増加に伴い、公共交通機関の増加が求められています。各国の自動車メーカーは、二酸化炭素排出量の削減に注力しており、電気自動車の使用が増加しています。乗用車やタクシーは、需要の増加に伴い、より環境に優しい技術の導入に力を入れています。メーカーは、乗用車の電動化に力を注ぎ、環境に優しい交通手段の実現に力を入れています。各国政府は、CO2排出量を最小限に抑えるためにいくつかの対策を講じています。そして、減税やインセンティブを利用し、e-truckやe-busなどの公共交通機関での電気自動車の使用を促進しています。商用車メーカーの中には、電気バスへの着手や、フルサイズトラックやピックアップトラックのバッテリー駆動への変更計画を発表したところもあります。電気自動車の需要の高まりは、自動車用ステアリングシステム市場の成長に貢献しています。

COVID-19の自動車用ステアリング市場への影響

COVID-19による多大な被害を受けた米国では、大半の製造工場は操業を停止しており、自治体の機能は以前に比べて低下しています。また、自動車産業や半導体産業も停止しており、自動車用ステアリングシステム市場にも悪影響を与えています。カナダやメキシコでの影響は、米国に比べてまだ少ないものの、製造工場、自動車産業、その他いくつかのビジネスは減速しており、自動車用ステアリングシステム市場の成長を抑制しています。

燃費の規制強化が自動車用ステアリングシステムの需要を喚起

各国政府は、自動車の排気ガスや燃費に関する厳しい法律を制定しています。米国の国家道路交通安全局(National Highway Traffic and Safety Administration)や欧州の国際クリーン輸送協議会(International Council on Clean Transportation)などの機関によって、フリートレベルの規制が施行されています。自動車メーカーは、これらの規制によって決定された数値を遵守し、電動アシストパワーステアリングのような低燃費のステアリングシステムにコストをかけるようになりました。従来の油圧式ステアリングシステムに比べて、電動アシストパワーステアリングシステムは、軽量でシンプルな構造になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]