AGV(Automated Guided Vehicle)の市場規模、2028年に90億7730万米ドル到達予測

AGV(Automated Guided Vehicle)の市場規模は、2020年の33億1080万米ドルからCAGR14.59%で成長し、2028年には90億7730万米ドルに達すると予測されています。世界中でEコマースビジネスが拡大していることが、自動化されたマテリアルハンドリングプロセスの採用につながっています。Walmart、Amazon、Alibaba、FlipkartなどのE-commerce企業は、オペレーションコストの削減と在庫規模の拡大のために、自動マテリアルハンドリングへの注目度を高めています。E-commerce Europeのレポートによると、2019年、欧州のオンライン売上高は13%増加し、7350億米ドルを占めました。また、市場は西欧に集中し、B2Cプラットフォームの売上高の約66%を占めました。例えば、ThyssenKrupp社のマテリアルハンドリング部門は、欧州の倉庫・物流ネットワークに8300万米ドル以上を投資し、Rotenburgに3万6000平方メートル、最大2万トンの資材を収容する物流センターの建設を計画しています。MonotaRO社は、様々な産業で使用される消耗品やメンテナンスツールなどの工業用品を扱うEコマース企業です。同社では、コンパクトな低床式無人搬送車である日立製Racrewを採用し、ピッキングの効率化を図っています。また、2019年末には、Flipkart社がインドの倉庫で340台の小型AGVを使用することを発表しました。こうした動きがAGVの需要を促進し、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の無人搬送車(AGV)市場への影響

COVID-19パンデミックは世界中の産業に支障をきたし、世界経済も低迷しています。ロックダウンにより、多くの分野で生産量が減少しています。この産業界の操業低下がAGV技術やシステムの開発を抑制しています。

マテリアルハンドリングの自動化に対する需要が拡大

AGVは、マテリアルハンドリングのための効果的で信頼性の高いソリューションであり、産業界の生産能力を向上させることができるため、導入が大幅に増加しています。これらのマテリアルハンドリングソリューションは、商品への物理的ダメージを軽減し、オペレーションの効率を高めます。自動車、医療、電子商取引、食品・飲料などの業界では、高い効率性が求められており、自動マテリアルハンドリングの需要が高まっています。AGVの導入により、ビッグデータや機械学習(ML)を活用したコネクテッドファクトリーが可能となり、産業界の自動化が進みました。AGVによる産業施設の自動化は、マテリアルハンドリング能力や生産時間の短縮に関する要件を満たすのに役立ちます。さらに、労務管理の改善、安全性の向上、生産量の増加、柔軟な製造プロセスによる品質管理の強化など、精度と再現性の向上を促進します。AGVは、原材料のジャストインタイム(JIT)配送、入荷した組立部品のコンピュータ制御、出荷品の追跡などを可能にします。現在、自動車業界では、生産現場を中心に自動化とAGVの導入が急速に進んでいます。業界全体でマテリアルハンドリングの自動化に対する需要が高まっていることから、無人搬送車の導入が増加すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]