航空機用ワイヤーおよびケーブルの市場規模、2028年に11億5364万米ドル到達予測

航空機用ワイヤーおよびケーブルの市場規模は、2020年の7億1663万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2028年には11億5364万米ドルに達すると予測されています。同市場は、大きく分けて北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ地域)、南アメリカの5つの主要地域に分類されます。2020年の航空機用ワイヤーおよびケーブル市場は、北米地域が市場シェアの大半を占めました。北米地域には、航空機用ワイヤーおよびケーブルを提供している多国籍企業が存在しており、2020年の市場をリードし、支配しています。技術力、インフラサポート、研究開発、技術者などの要因により、北米における航空機用ワイヤーおよびケーブル市場のシェアは大きく拡大しています。

COVID-19パンデミックの航空機用ワイヤーおよびケーブル市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の航空機用ワイヤーおよびケーブルのビジネスやサプライヤーを混乱させました。市場関係者は事業の中断を経験し、2021年半ばまで影響を受ける可能性を示唆しました。COVID-19発生以前の航空宇宙産業は、生産やサービスの面で大きな成長を遂げていました。航空業界は、乗客数の大幅な増加、民間および軍用両方における、航空機調達の増加、MRO活動の増加が見られました。

世界的な航空分野の急速な拡大と、航空機の先進技術の導入が進んでいることが、市場の成長を大きく後押ししています。また、ボーイング社やエアバス社などの航空機メーカーの存在や、発展途上国における可処分所得の増加なども、航空機用ワイヤーおよびケーブルの需要を押し上げる要因となっています。また、米国、中国、インド、ロシア、サウジアラビアなどの主要国における防衛費の増加は、今後数年間の市場を牽引すると予想されます。技術開発の進展、航空機OEMによる研究開発への投資の増加、航空輸送需要の高まりが、航空宇宙・防衛分野の成長を促し、同市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]