小切手スキャナーの市場規模、2028年に10億7955万米ドル到達予測

小切手スキャナーの市場規模は、2020年の7億2152万米ドルからCAGR5.3%で成長し、2028年には10億7955万米ドルに達すると予測されています。小切手スキャナー市場は、大きく分けて北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ地域)、南アメリカの5つの主要地域に分類されます。2020年には、北米が市場を独占しました。この地域には、小切手スキャナー事業に従事する多国籍企業が存在しており、同市場の牽引要因となっています。Digital Check、ARCA、MagTek、NCR Corporation、Eastman Kodak Company、RDM Corporationなどが、北米の小切手スキャナー市場で事業を展開しているプレイヤーです。

COVID-19パンデミックの小切手スキャナー市場への影響

COVID-19の発生により、製造工場が一時的に閉鎖されたため、小切手スキャナーシステムの生産も停止しました。さらに、人々の移動やサプライチェーンが制限されているため、小切手スキャナーの開発や調達にも支障が出ています。しかし、ソーシャルディスタンスの確保に対する意識の高まりは、デジタルバンキングへの需要を促進しており、今後の小切手スキャナー市場を押し上げる要因になると考えられます。現在、顧客は、小切手の決済や小切手の預入・支払、その他の金融活動を行う際に、銀行を訪れるよりもオンラインバンキングプラットフォームを好む傾向にあります。数年後には、モバイルデポジットサービスやリモートデポジットキャプチャ技術の利用が拡大すると考えられます。

リモートデポジットキャプチャーへの関心の高まり

世界各国の銀行当局がこの技術を推進・支援していることから、リモートデポジットキャプチャー(RDC)が注目されています。RDCが導入されて以来、何百万台ものデスクトップスキャナーが金融機関に導入されています。リモートデポジットキャプチャーは、従来の入金方法が数日かかるのに対し、2〜3営業日ですべての資金にアクセスすることができます。また、RDCは地理的な制約を取り除き、どこからでも小切手を預けられるようにします。また、多くの金融機関がRDC技術に投資しています。これは、銀行がコア業務に集中するのに、RDC技術が役立つ事に起因しています。また、この技術は、小切手決済プロセスの円滑な運用と優れた管理を実現しています。RDC技術の出現により、小切手スキャナーの市場規模が拡大すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]