精密養殖の市場規模、2028年に12億996万米ドル到達予測

精密養殖の市場規模は、2020年の4億2243万米ドルからCAGR14.5%で成長し、2028年には12億996万米ドルに達すると予測されています。精密水産養殖には、さまざまなハードウェアとソフトウェアが相互に接続されています。海洋環境に設置されたセンサーは、これらのコンポーネントの重要な部分を構成しており、養殖作業を監視、解釈、分析し、意思決定をサポートしています。音響センサー、光学センサー、生物センサーなど、さまざまなセンサーを使って養殖場の環境を把握し、魚の健康状態や経済的リターンの向上、環境へのリスクの軽減などの意思決定に役立てています。精密養殖は、養殖作業の再現性、精度の向上、自律的かつ継続的なモニタリング、信頼性の高い意思決定支援などのメリットがあります。さらに、手動操作や主観的な評価への依存を減らし、スタッフの安全性を高めることができます。IEEE Xploreによると、2030年には人間が消費する魚の62%を養殖が占めるようになると言われています。このように、世界中で水産業の生産量が増加していることは、精密養殖市場のプレーヤーにとって大きな成長機会となります。

COVID-19パンデミックの市場への影響

COVID-19パンデミックは、精密養殖事業者やサプライヤーにも混乱を引き起こしました。市場関係者は事業の中断を経験し、その影響は2021年にも及ぶ可能性があります。工場の閉鎖、旅行禁止、貿易禁止、国境封鎖などが、精密水産養殖産業に悪影響を及ぼしています。

水産養殖インフラの整備に対する政府の支援の増加

スマートフィッシングの増加と水産物貿易の拡大により、水産養殖インフラの開発に必要な製品の需要が高まっています。また、世界的な食料消費パターンの変化も、この産業の拡大と多様化に貢献しています。さらに、小売業界の成長と、様々なチャネルで養殖製品が容易に入手できることが、これらの製品の販売を促進しています。ノルウェー、中国、インド、インドネシアなどの主要国における水産養殖の活発な成長が、精密水産養殖市場を牽引しています。

コンポーネントセグメントの洞察

精密水産養殖市場は、コンポーネントに基づいて、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されます。ハードウェアコンポーネントは、ソフトウェアコンポーネントと統合され、効果的な養殖や水産物の生産のために、正確でリアルタイムな水域に関する情報を提供します。水産養殖は初期段階にありますが、今後数年間で、世界中で多くの人に食されるようになるでしょう。IoT、高度なセンサー、カメラ、分析ソフトウェアなどが、水産養殖のオペレーションを行うために使用されています。

システムセグメントの洞察

精密水産養殖市場は、システムに基づいて、スマートフィーディングシステム、監視・制御システム、水中ROVシステムに分類されます。2020年には監視・制御システムが最大のシェアを占めており、今後も、その優位性は変わらないと予想されます。監視・制御システムは、精密養殖に使用される各種センサーや高解像度カメラで構成され、養殖場や海、魚の健康状態を画像で表示したり、データを収集したりします。一般的に、魚の養殖は、降雨パターンの違いによる水の供給量の変化や、夏場の気温上昇など、環境条件の変化に影響を受けます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]