ロボットエンドエフェクターの市場規模、2028年に96億6468万米ドル到達予測

ロボットエンドエフェクターの市場規模は、2020年の31億2559万米ドルからCAGR15.6%で成長し、2028年には96億6468万米ドルに達すると予測されています。適応性の高いロボットアームとエンドエフェクターにより、従来の産業用ロボットとは異なり、様々なビジネスプロセスの自動化を短時間で行うことができます。また、エンドエフェクターの柔軟性と汎用性により、幅広い複雑な作業が可能となり、投資収益率(ROI)を最大化することができます。製造業におけるパッケージングやパレタイジングを自動化するアプリケーションの増加や、近代化と工業化の急速な進展が、市場の成長にプラスの影響を与えています。また、協調型ロボット(Cobot)の導入が進んでいることも、市場の成長を促す要因となっています。さらに、発展途上国の政府が、産業界で行われている多忙で単調な作業を簡単かつ正確に最適化するために、外国からの直接投資を誘致しているため、ロボットエンドエフェクター市場の今後の成長が期待されています。

COVID-19がロボットエンドエフェクター市場に与える影響

COVID-19は、輸送、自動車、貿易活動に深刻な影響を与えています。北米には多くの製造業やテクノロジー企業が存在します。そのため、COVID-19の発生による影響は、2020年にはかなり深刻で、2021年には自動車や製造業の分野で影響を残す可能性が高いと考えられます。一方、COVID-19の影響はあくまで短期的なもので、今後数年で市場は回復する可能性もあります。カメラ、聴診器、マイクを内蔵したロボットは、医療現場で医師と患者の接触のない診察を可能にします。ロボット技術は、遠隔操作で手術ができる可能性を広げています。このことから、ロボットエンドエフェクター市場は、パンデミック状況下に拡大する可能性があります。

産業用ロボットの人気上昇

産業用ロボットは、産業用オートメーションの製造において重要な役割を果たしています。これは、産業界の主要なオペレーションがロボットによって管理されているためです。世界各国の政府は、自国での産業用ロボットの開発・導入を支援・促進する取り組みを行っており、ロボットの需要を押し上げています。アジアはロボットエンドエフェクター市場で最も成長している地域です。これは、この地域の政府がロボットエンドエフェクターの導入に向けて大きなイニシアチブを取っているためです。産業用ロボットの数は、世界的に見ても驚異的なペースで増え続けています。デジタル化、簡素化、人間とロボットのコラボレーションなどの主要なトレンドが未来を形成しており、次世代ロボットの開発がさらに急速に進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]