水道管漏水検知システムの市場規模、2028年に25億547万米ドル到達予測

水道管漏水検知システムの市場規模は、2020年の15億171万米ドルからCAGR6.7%で成長し、2028年には25億547万米ドルに達すると予測されています。この需要により、漏水をリアルタイムで監視するためコンピュータ化されたシステムや、デジタル調査システムの統合は、様々な技術的進歩を遂げています。また、センサーや先進技術の導入は、水道管漏水検知システム市場の成長に莫大な機会をもたらしています。従来の音響検出センサーは、効率的な音響検出機能を備えてアップグレードされています。また、このような技術の進歩により、IoT(Internet of Things)ベースの監視システムやスマート水道メーターが、住宅、商業、工業の各分野の水管理システムで利用されるようになっています。水漏れが発生した場合、運営者は、信頼性が高く、効率的で、実用的な情報を入手し、適切な対応を行う必要があります。パイプライン内の水漏れ箇所を検出して位置を特定する先進的な技術の1つが、分散型音響センサー(DAS)です。DASはネットワーク化されたソリューションであり、水道事業者の行う、パイプラインの完全性管理、メンテナンス、漏水検知をサポートします。高度な漏水検知システムの開発は、市場での競争力を維持するためのチャンスとなっています。

2020年の水道管漏水検知システム市場では、北米が圧倒的なシェアを占めており、今後も優位性を維持することが予想されます。北米は、カナダや米国などの存在により、新技術の採用や適用に有利であり、2020年の市場をリードしています。また、多くの市場参加者がいることも、この地域での普及率を高めています。同時に、人口の増加、経済成長、生活水準の向上、急速な都市化が進んでおり、高度なインフラの必要性が高まっています。そのため、各国政府は、自動漏水検知システムを導入して、多額の投資を行っています。また、APAC(アジア太平洋地域)の水道管漏水検知システム市場は、最速のCAGRで成長すると予想されています。この地域では、人口増加が建設産業の主な原動力となっており、さらなる水道管ネットワークが求められています。また、各国政府は、インフラ整備への民間投資を誘致しており、水道管漏水検知システムの導入を加速させています。

COVID-19パンデミックが管用漏水検知システム市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生により、水漏れ検知システムのハードウェアを含む電子機器のサプライチェーンや製造に大きな支障が生じています。業界の専門家は、この支障により少なくとも25%の遅れが生じるだろうと分析しています。さらに、パンデミックによる労働力不足も重なり、水道管インフラのメンテナンスや改修にも遅れが出ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]