ワークプレイスサービスの市場規模、2028年に1934億米ドル到達予測

ワークプレイスサービスの市場規模は、2020年の880億米ドルからCAGR10.6%で成長し、2028年には1934億米ドルに達すると予測されています。アプリケーション、デバイス、ネットワークの急激な増加は、労働文化にポジティブな影響を与えています。より安全な職場環境、ハイブリッドワークプレイス、サイバーセキュリティの強化、グローバルに分散した労働力などは、モダンワークプレイスの概念から、ワークプレイスサービスの成長に影響を与えています。そのため、すべての地域において、確立されたITインフラと中小企業および大企業がワークプレイスサービスを求めています。あらゆる規模の企業が、ビジネスを効果的に運営するために、最新技術に投資することが予想されます。世界中の企業がワークプレイスサービスを利用してビジネスを強化し、最適化することで、プロセスに必要な投資を節約しています。

COVID-19パンデミックのワークプレイスサービス市場への影響

COVID-19状況下で、ワークプレイスサービス市場のベンダーは、エンドユーザーに最高のサービスを提供するために、遠隔地で業務を継続しました。パンデミックが発生しても、いくつかの市場関係者は、危機を乗り越えてエンドユーザーをサポートする体制を維持しています。COVID-19の大流行により、企業はデジタルトランスフォーメーションを推進しており、その結果、従来の障壁が取り除かれています。企業は、バーチャルな活動、アプリケーションの近代化とクラウドへの移行、リモートワークの許可、サイバーセキュリティとITの回復に重点を置くことで、エンドユーザーを支援し続けています。

エンタープライズモビリティの重要性

エンタープライズモビリティとは、生産性の向上、サービスの強化、ユーザーエクスペリエンスの向上を目的とした、モバイル仮想化、モバイルデバイス管理、モバイルバーチャル化などを含む幅広い用語です。企業は、デバイスやソフトウェアからデータ保護に至るまで、モバイルセキュリティのすべての機能に対応できるサービスを求めており、エンタープライズモビリティ業界は大きく発展しています。特に、COVID-19の発生により、リモートワークの概念が必要とされているため、今日、労働におけるエンタープライズモビリティの需要はピークに達しています。エンタープライズモビリティの導入が進むと、企業は離れた場所からでもデバイスの制御、更新、さらにはデータの消去が可能になります。エンタープライズモビリティによって、従業員は自分のデバイスにアプリケーションやソフトウェアを導入することなく、企業の機密データに安全にアクセスすることができます。このような利点から、ワークプレイスサービスの需要は、世界のあらゆる業種で高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]