フライトデータモニタリングシステムの市場規模、2027年に59億8790万米ドル到達予測

フライトデータモニタリングシステムの市場規模は、2019年の41億2226万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には59億8790万米ドルに達すると予測されています。航空分野では、乗客数や航空機保有数などの航空輸送量が大幅に増加しています。これは主に、可処分所得の増加に伴うビジネスおよびレジャー旅行の増加によるものです。また、旅客輸送に加えて、貨物輸送量も先進国および発展途上国で一貫して増加しています。航空機の保有台数が年々増加していることから、航空機オペレーターは飛行中のデータモニタリングシステムへの投資を進めています。航空機運航会社は、フライトデータモニタリングシステムおよびソフトウェアの調達をますます加速させています。FDM(フライトデータモニタリング)システムは、運航会社のためにフライトの発生データを収集し、リスクの特定と評価に役立てています。収集された情報は、運航管理、燃料効率、リスク管理、標準作業手順の遵守などに役立てられています。品質保証担当者とメンテナンス技術者は、FDMを使用して安全性と運航効率を高めながら、フリートを管理しています。航空業界では、飛行中の安全性を確保することが最も重要であり、そのため、航空機の離陸数の増加に伴い、FDMの需要が急増しています。同市場の成長は、発展途上国での航空交通量の増加、民間航空機の生産量の増加、フライトオペレーションにおけるデータ分析の利用の増加に起因しています。フライトデータモニタリングシステム市場は、安全運航への意識の高まり、サービスプロバイダー数の増加、航空機保有台数の急増などの要因により、成長しています。

COVID-19のフライトデータモニタリングシステム市場への影響

北米のフライトデータモニタリングシステム市場は、COVID-19の影響により、2020年前半に莫大な経済的損失を被りました。米国は航空機の主要な輸出国の一つですが、サプライチェーンの混乱と輸入国の経済状況の悪化により、輸出収入が減少しています。ソーシャルディスタンスの確保のために労働力が制限され、米国での生産活動が妨げられています。また航空機需要の減少により、航空機製造会社に深刻な影響を与えました。このような需要や航空機の販売数の減少は、フライトデータモニタリングシステムやサービスの導入に直接影響し、市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]