防音カーテンの市場規模、2028年に23億1806万米ドル到達予測

防音カーテンの市場規模は、2020年の13億5621万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2028年には23億1806万米ドルに達すると予測されています。防音カーテンは、施設内に入ってくる音を遮断することで、騒音問題を解決するものです。また、室内の反響を抑えることで、音の響きを抑え、よりクリアな音を実現するために使用されます。防音カーテンは、取り付けが簡単で、メンテナンスが少なく、断熱効果もあります。防音カーテンの素材には、グラスウール、ロックウール、プラスチックフォーム、天然繊維など様々なものがあります。一般的に、従来のカーテンよりも長くて重いため、最大限の面積を覆うことができ、音の侵入を防ぐことができます。専門家によると、1%の面積を開けるだけで、音源からの50%の音が入ってくると言われています。

2020年の防音カーテン市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。同地域の市場成長は、人口増加が主な要因となっています。新興国である中国とインドだけで、世界の人口の35%以上を占めています。また、この地域には様々なメーカーが存在しており、市場成長に大きく貢献しています。原材料へのアクセスが容易で、安価な労働力や低い製造コストと相まって、この地域のメーカーや進出を希望するグローバルプレイヤーに有利な機会を提供しています。

COVID-19防音カーテン市場への影響

COVID-19の発生は、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。世界の製造拠点である中国の工場が閉鎖されたことにより、サプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、化学物質や材料の販売に支障をきたしています。さらに、欧州、アジア、北米の国々が課している渡航禁止も、ビジネス上のコラボレーションやパートナーシップの機会を妨げています。これらの要因が化学・素材産業を制限しているため、同産業に関連する市場の成長が抑制されています。

多様な分野での防音・遮音需要の増加

防音カーテンは、光や音の反響をコントロールすることで、空間の最適化を図るもので、主に吸音性のあるグラスファイバーやロックウール、プラスチックフォームなどの素材で構成されています。防音カーテン市場の成長は、住宅・非住宅の建設活動の活発化、産業の自動化の進展、カーテンデザインの革新によってもたらされています。病院などの高齢者施設を中心に、騒音のない環境のニーズに加え、病院、ショッピングモール、空港、映画館などの商業分野の急速な拡大が、防音カーテンの需要を高めています。さらに、アジア太平洋地域では、高齢者人口の増加に伴い、新しい医療施設の建設が増加していることも、市場の成長をさらに後押ししています。商業部門では、グラスウール断熱材などの素材が、優れた音響特性を持つため、広く採用されています。さらに、工業分野では、ポンプ、真空、コンプレッサー、発電機などの、騒音を出す機器の周囲に設置して、遮音性を確保する必要があります。このように、医療、商業、工業、住宅などの分野で防音に対する需要が高まっていることが、防音カーテン市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]