合成石膏の市場規模、2027年に16億9372万米ドル到達予測

合成石膏の市場規模は、2019年の12億4402万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2027年には16億9372万米ドルに達すると予測されています。合成石膏は、主に建設業や農業分野で使用されています。建設産業の成長に伴い、装飾構造物や乾式壁の需要が増加しており、合成石膏の需要を促進しています。さらに、セメント製造工程ではフィラーとして使用されることにより、市場の成長を後押ししています。2019年の合成石膏市場は、北米が最大シェアを占めました。これは、米国の建設産業の成長と、北米における様々なFGDシステム企業の出現に起因しています。都市化と工業化の進展により、この地域では建設活動が活発化しています。都市再生プロジェクトの需要が高まり、セメント、乾式壁、装飾構造物の製造に使用される、合成石膏の需要が促進されています。

COVID-19合成石膏市場への影響

COVID-19の影響により、様々な企業が、製品納入の遅れや今後の製品販売の縮小を発表しています。さらに、欧州、アジア、北米の国々が世界的に渡航禁止を課しているため、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会が妨げられています。これらすべての要因が化学・素材産業を制限しているため、同産業に関連する様々な市場成長を抑制する要因となっています。

建設業界での需要増加

合成石膏の需要は、建設業界で増加しています。合成石膏は、主にセメントやプラスターの充填材として使用され、強度を高めたり、コンクリートの硬化時間を短縮したりします。また、化粧板やパリ石膏などにも使用されています。合成石膏の一種であるFGD石膏は、主に建設業界でセメント、乾式壁、石膏の製造に使用されています。FGD石膏は、基本的にリサイクルが可能であるため、製造業者を中心に使用されています。パリ石膏は、基本的に装飾パネル、構造物、彫刻の製造に使用されます。これらの構造物や彫刻の需要は建設業界で増加しており、それが合成石膏の需要増加につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]