飲料水用吸着剤の市場規模、2027年に6億9817万米ドル到達予測

飲料水用吸着剤の市場規模は、2019年の5億1181万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2027年には6億9817万米ドルに達すると予測されています。吸着剤は、飲料水に含まれる不純物を処理・除去するために広く使用されており、水質の向上に役立っています。水質に関する厳しい規制と、政府による水処理産業への投資が、飲料水用吸着剤の需要を促進しています。さらに、経済成長に伴う急速な都市化と、バイオ吸着剤の需要の高まりも、市場を牽引する要因となっています。

2019年の飲料水用吸着剤市場では、北米が最大シェアを占めました。これは、市場成長に大きく貢献している主要メーカーと強力な産業基盤の存在、急速な都市化、新鮮で携帯可能な水の需要などが主な要因となっています。また、原材料の入手が容易であることも、この地域の市場成長を促進する要因となっています。

COVID-19の飲料水用吸着剤市場に与える影響

COVID-19パンデミックによる影響で、様々な企業が製品の納入遅延や将来の製品販売の不振を予測しています。欧州、アジア、北米の国々による渡航禁止措置は、ビジネス上のコラボレーションやパートナーシップの機会を妨げています。これらの要因が化学・素材産業の活動を制限しており、飲料水用吸着剤市場の成長を抑制しています。

活性炭の需要拡大

活性炭は、飲料水に含まれる天然有機物(NOM)を除去することができ、水のろ過システムに不可欠なコンポーネントとして使用されます。また、大企業から中小企業まで幅広く利用されており、地域の水道はもちろん、家庭用製品でも不純物の除去に役立っています。活性炭は、高い表面積と細孔性に優れ、この物理的特性から、飲料水用吸着剤として利用することで、溶解した汚染物質や有害生物を除去することができます。さらに、炭素と水素を含む活性炭は、有機汚染物質の除去に効果的な製品として機能します。濁りや自然発生的な有機物を除去するための活性炭需要の増加は、飲料水用吸着剤市場の成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]