特殊沸点溶剤の市場規模、2027年に15億3768万米ドル到達予想

特殊沸点溶剤の市場規模は、2019年の12億957万米ドルからCAGR3.2%で成長し、2027年には15億3768万米ドルに達すると予想されています。建築、自動車、木材、一般産業などの用途分野で塗料・コーティング剤の消費が増加していることから、特殊沸点(SBP)溶剤の需要が高まっています。SBP溶剤は、パラフィンやシクロパラフィンを構成する、高速・中速で蒸発する炭化水素流体の多目的グループです。これらの脂肪族溶剤は、主に塗料・コーティング業界で使用され、樹脂や顔料、その他の成分のキャリアーとして機能します。また、粘度をコントロールしたり、フィルムの形成を助けたり、顔料や基材を濡らして分散や接着を助けたりします。これらの溶剤は塗膜の表面に移行しやすいため、表面張力を低下させ、表面をより均一にします。SBP溶剤の作用により、レベリング性が向上し、クレーターができにくくなります。

建設産業の急速な拡大が、塗料・コーティング剤市場の成長を支えています。塗料・コーティング剤は、建物やインフラを装飾し、外部のダメージから保護するために使用されます。また、腐食防止、摩擦防止、硬度、反射吸収などの様々な特性から、自動車部品の保護にも使用されています。これ以外にも、塗料やコーティング剤は、交通機関や木材・金属産業でも幅広く使用されており、特殊な沸点を持つ溶剤製品の需要をさらに支えています。これらの分野の安定した成長が、SBP溶剤の需要を後押ししています。

2019年の特殊沸点溶剤の世界市場は、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めました。この地域における市場の成長は、主に塗料・コーティング、印刷インキ、ゴム・タイヤ、接着剤などの最終用途産業の着実かつ継続的な拡大に起因しています。オーストラリア、日本、インド、中国、韓国、シンガポール、台湾、インドネシアなどの国では、化学、建設、自動車、エレクトロニクスなどの多様な分野で大規模な製造業が存在しており、長年にわたって大きな変化を遂げてきました。この地域の生産支出は、ここ数年で大幅に増加しており、今後も高い成長率で増加することが予想されています。

中国は世界の製造拠点であり、様々な産業の原料供給国です。COVID-19の影響で、中国のさまざまな工場が閉鎖され、世界のサプライチェーンが混乱し、生産活動、配送スケジュール、各種材料の販売に支障をきたしています。すでに様々な企業が、製品の納入遅延や今後の販売計画の見直しを発表しています。また、欧州、アジア、北米の国々が旅行禁止令を発令したことにより、ビジネス上の協力やパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因はすべて産業を制限しているため、特殊沸点溶剤の産業に関連する様々な市場の成長を抑制する要因となっています。

ゴム加工産業の需要増

ゴムは、数種類の化学物質を用いて処理され、ラバーマットや自動車タイヤなどの有用な製品を生み出します。ゴム加工用化学品には、分解防止剤、促進剤、加工助剤など幅広い製品があります。SBPの溶剤は、ゴム加工において重要な役割を果たしています。SBP溶剤は、自動車用タイヤの製造に使用されるゴムの特性を高めるのに役立ちます。そのため、自動車産業の増加に伴い、ゴム加工用化学品セグメントにおけるSBP溶剤の採用率が高まると予想されます。さらに、自動車用タイヤの製造における技術的進歩の増加も、ゴム加工用SBP溶剤の採用を後押しする要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]