スチールグレーチングの市場規模、2027年に1386億9988万米ドル到達予測

スチールグレーチングの市場規模は、2019年の774億8652万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2027年には1386億9988万米ドルに達すると予測されています。スチールグレーチングは、金属の棒を組み合わせたオープングリッドの集合体で、メンテナンスの必要性が低く、耐腐食性に優れているため、様々な用途に広く使用されています。また、かなりの耐荷重性があるため、床材として使用されています。マンホールカバー、階段の踏み板、手すり、プラットフォーム、排水カバー、トレンチカバー、歩道など、幅広い用途で使用されています。インド、中国、ブラジル、日本などの新興国の急速な工業化や、政府によるインフラ整備への支出の増加は、スチールグレーチング市場のプレーヤーに有利な成長機会を提供しています。2019年、アジア太平洋地域は世界のスチールグレーチング市場で最大シェアを占めました。これは、都市化の進展と相まって中間層の人口が急増していることが主な要因です。さらに、各メーカーは、アジア太平洋地域に事業所を進出させています。

COVID-19のスチールグレーチング市場への影響

COVID-19の感染拡大の影響で、各国の工場やプラントが閉鎖されたことで、世界のサプライチェーンに影響が及び、様々な商品の製造、納期、販売に悪影響を及ぼしています。また、欧州、アジア、北米などの国々による渡航禁止措置が、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会に影響を与えています。これらの要因は、医療機器、防衛機器、電子機器などの製造に悪影響を及ぼしています。このような製造活動の混乱が、スチールグレーチング市場の成長を妨げています。

広がるスチールグレーチングの用途

スチールグレーチングは、滑りにくく、設置やメンテナンスが容易です。また、建築・建設業界で幅広く使用されています。さらに、建物のプラットフォームとして、主にボイラーや発電所の建設、造船、化学、石油化学などの分野で使用されている新建材です。人口の増加や、建設業などの継続的な発展が、同市場にプラスの影響を与えています。スチールグレーチングは、メンテナンスの必要性が低いことも、市場の成長を牽引する要因となっています。

材料タイプの考察

スチールグレーチングは、素材の種類によって、ステンレススチールグレーチング、カーボンスチールグレーチング、アルミスチールグレーチングに分けられます。2019年には、ステンレススチールグレーチングセグメントが最大シェアを占めました。ステンレススチールは、剛性、強度、耐久性、耐摩耗性と耐腐食性において、高い特性を持っており、耐摩耗性と耐腐食性が重要視される産業機械や電子機器の主要構成要素の一つとして使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]