調剤薬局の市場規模、2028年に149億9510万米ドル到達予測

調剤薬局の市場規模は、2020年の94億4280万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2028年には149億9510万米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促す主な要因は、世界各地での薬剤不足危機、配合薬に伴うメリット、カスタマイズされた医療(個別化医療)の導入の増加などです。しかし、製品のリコールや厳しい規制要件が調剤薬局市場の成長を抑制しています。調剤薬局の役割は、患者のニーズに合わせて成分を混合し、市販されていない医薬品を製造することです。また、投与量の強さや剤形が限られている場合、特定の成分に対する薬剤アレルギーがある場合、小児科、化学療法、動物用医薬品などのケースの対応に不可欠です。また、薬剤師によって治療計画を管理することで、品質の高いオーダーメイドの医薬品を提供します。

世界的な医薬品不足の危機

米国では、急速な薬剤不足により、医療機関、臨床医、患者、連邦規制当局は困難な状況にあります。製造、原材料の入手、規制問題、ビジネス上の取り決めなどに関する課題や、サプライチェーンの混乱などが、医薬品不足を引き起こす主な要因となっています。米国医療システム薬剤師協会によると、医薬品不足は薬物療法に悪影響を及ぼし、医療処置の遅延や投薬ミスを引き起こす可能性があります。不足している医薬品としては、緩衝剤入りアスピリンなどの簡単な薬から、抗生物質やがん化学療法剤などの救命薬、エピネフリンなどの緊急薬まで多岐にわたります。医療従事者、特に薬剤師は、米国政府や医薬品メーカーとともに、この公衆衛生上の危機の管理に一貫して取り組んでいます。医療関係者は、医薬品不足を克服するための解決策を考え始めています。調剤薬局は、不足している医薬品の有力な供給源と考えられています。また、米国食品医薬品局(USFDA)は、COVID-19パンデミックの影響で不足のリスクがある20種類の医薬品を特定しています。

製品別市場シェア

調剤薬局市場は、製品別に経口薬、外用薬、座薬、その他に分類されます。2020年の市場では、経口薬のセグメントが最大シェアを占めています。このセグメントの成長は、固形の錠剤、カプセル、チュアブル錠、ロゼンジなどの様々な形態で提供され、摂取が容易であることが要因と考えられます。また、外用薬セグメントは、最速のCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]