アレルギー治療の市場規模、2028年に358億1233万米ドル到達予測

アレルギー治療の市場規模は、2020年の211億6092万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2028年には358億1233万米ドルに達すると予測されています。アレルギーとは、体にとって異物である物質に対して、人間の免疫系が過敏に反応することです。ダニ、動物のフケ、ゴキブリ、花粉、カビ、食品、金属や元素の粒子などが一般的なアレルゲンとして挙げられます。アレルギーは臓器の正常な機能を阻害することもあり、重度のアレルギーは生命を脅かすこともあります。例えば、喘息は肺の機能低下を引き起こします。アレルギーから身を守る最も効果的な方法は、既知のアレルゲンにさらされないようにすることですが、治療にはステロイドや抗ヒスタミン薬などの薬が使用されます。

アレルギー治療市場は、アレルギーの種類、治療法、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分けられます。

免疫療法には、アレルギー注射と舌下免疫療法(SLIT)の2種類があります。アレルギー注射は、アレルゲンを注入し、投与量を増やしていくもので、喘息、ペット、ほこり、花粉、虫刺されなどのアレルギーに効果があります。SLIT錠は、一般的には舌の下に置いて毎日投与するタイプで、鼻のアレルギーや喘息に有効な治療法です。繰り返し投与することで、アレルゲンに対する感受性が低下し、アレルギー症状が緩和されます。免疫療法は、アレルギー患者に積極的かつ長期的な効果をもたらします。さらに、免疫療法は自己投与や在宅医療での使用にも適しています。そのため、慢性および再発性のアレルギーに対する安全で効果的な代替皮下投与法として浮上しています。様々な研究により、免疫療法はアレルゲンの投与を完了した患者のアレルギー症状を60〜65%軽減することが報告されています。2016年2月にAnnals of Allergy, Asthma and Immunology Journalに掲載された研究によると、アレルギー患者の70%はアレルギー反応に対して薬を必要としないとのことです。また、この研究では、免疫療法は子供だけでなく、高齢者層にも有効であると述べています。このように、アレルギーの治療における免疫療法の導入が進んでいることが、アレルギー治療市場の成長を促進しています。

食物アレルギー治療の開発が市場成長に大きく貢献

アレルギーは、世界で多くの人が罹患している一般的な疾患で、場合によっては深刻な結果をもたらす可能性のある、慢性的な健康状態です。北米や欧州で一般的に見られる食物アレルギーでは、ニンニク、小麦、ピーナッツ、牛乳、魚などにアレルギーを持つ人が多くみられます。FDA(米国食品医薬品局)の推計によると、米国では100万人の子供がピーナッツにアレルギーを持っており、そのうち5人に1人はそれぞれのアレルギー症状を克服する可能性があるとされています。アレルギーを克服できなかった子供たちは、少量のピーナッツで、予想外の重篤な反応を起こしてしまいます。そのため、一般的な食材に対するアレルギーの治療法を開発することが不可欠となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]