バイオメディカルセンサーの市場規模、2027年に153億3857万米ドル到達予想

バイオメディカルセンサーの市場規模は、2019年の86億8863万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2027年には153億3857万米ドルに達すると予想されています。この市場の成長は、老人人口の増加、在宅医療の需要の増加、医療機器業界の技術進歩、IoTベースの医療機器の導入の増加、世界的な医療費の増加などの要因が考えられます。

生活習慣病の発生率の上昇

抗菌剤耐性、不健康なライフスタイル、アルコール摂取、喫煙などの要因により、糖尿病などの生活習慣病が増加しています。国際糖尿病連合によると、2019年には4億6300万人の成人が糖尿病を患っており、この数字は2045年には7億人に達すると予想されています。そのため、定期的な健康モニタリングのために、バイオメディカルセンサーの需要が高まっています。さらに、心血管疾患(CVD)は人々の健康に大きな脅威を与え、先進国および発展途上国の経済に多大な負担をもたらします。世界保健機関によると、2018年のCVDによる死亡者数は約1790万人でした。このため、生活習慣病による死亡率を軽減するために、患者モニタリング機器の必要性が高まっています。また、高齢者人口の増加や肥満の増加は、人々の健康意識を高める要因となっています。医療機器業界では、顧客のニーズに応えるべく、より優れた先進的なソリューションを開発するために、研究開発活動に多額の投資を行っています。政府機関による規制により、質の高いケア、患者の安全性、疾病管理を保証する、より優れた信頼性の高い健康管理ソリューションを得ることができます。例えば、Centers for Disease Control and Prevention(米国疾病管理予防センター)は、伝染病や感染症の発生を抑制し、国民への予防接種を促進する取り組みを行っています。また、連邦政府は各州に対し、緊急事態への備えのための資金援助や指導を行っています。このような要因が、バイオメディカルセンサー市場を牽引すると考えられます。

センサータイプ別の洞察

市場は、センサータイプ別に、温度、圧力、画像センサー、生化学、慣性センサー、モーションセンサー、心電図(ECG)、その他のセンサータイプに分類されます。2019年には、温度セグメントが最大シェアを占めました。また、病院以外の環境での患者モニタリング機器の需要の高まりも、市場のプレーヤーに魅力的な成長機会を提供しています。スマートフォンや無線機器へのモニタリング技術の統合は、患者ケアにおける重要なトレンドであり、患者モニタリングアプリケーションの高い成長をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]