シングルユースの局所陰圧閉鎖療法(NPWT)の市場規模、2028年に8億9232万米ドル到達予測

シングルユースの局所陰圧閉鎖療法(NPWT)の市場規模は、2020年の4億6205万米ドルからCAGR8.7%で成長し、2028年には8億9232万米ドルに達すると予測されています。局所陰圧閉鎖療法は、外傷、難治性創傷、慢性創傷など、さまざまな種類の創傷の管理に使用されます。また、フラップや皮膚移植で覆われた創傷の管理にも使用されます。NPWTはシングルユースに形を変え、電池式のポケットサイズ装置としても使用されています。これは、外来診療用の使い捨てのポータブル機器として使用されます。

シングルユースの局所陰圧閉鎖療法市場は、創傷タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分かれています。

COVID-19パンデミックの状況下には、COVID-19治療中に発生した急性および慢性の創傷を治療するために、シングルユースの局所陰圧閉鎖療法が採用され、同市場の成長が予測されています。

慢性疾患の発生率の上昇

慢性疾患は、死亡率に影響を与える主要な疾患の一つです。米国疾病管理予防センター(CDC)の2021年1月のデータによると、心臓病、がん、糖尿病などの慢性疾患は、米国における罹患率、死亡率、障害の主要な原因の一つとなっており、米国の年間医療費に占める割合は、3兆8000億米ドルと推定されています。慢性疾患は、慢性疾患は長期的な傷害の原因となり、術後の傷や事故でできた傷などの治癒を困難にします。局所陰圧閉鎖療法は、定期的に洗浄する必要がある創傷の管理と治癒を容易にするために使用されます。局所陰圧閉鎖療法は、バッテリーまたは電気で作動するFDAクラスIIの機器であり、各機器は、真空ポンプ、ドレナージチューブ、創傷被覆材のセットで構成されています。このシステムは、陰圧(吸引)によって創傷治癒を助け、創傷部に存在する潅流液、体液、創傷の滲出液、感染性物質などの液体の除去にも役立ちます。

National Center for Biotechnology Informationが2020年8月に発表した研究によると、米国における非外傷性切断の原因として、糖尿病性足潰瘍が報告されています。糖尿病を患っている患者の約5%が足潰瘍を発症し、1%が切断処置を必要としています。このような患者には、定期的な傷の洗浄とドレッシングが必要となり、創傷治療機器が役立ちます。創傷治療に関連する医療機器の継続的な開発に加え、糖尿病、癌などの有病率の上昇は、潰瘍、褥瘡など、外科的処置を伴う可能性があり、シングルユースの局所陰圧閉鎖療法市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]