LiDAR市場、2025年に総収益29億米ドル到達予測、ADAS・自律走行車、産業オートメーションなど多用途に利用

LiDAR市場は、ADAS、自律走行車、産業オートメーション、配送、スマートシティなどのアプリケーションに牽引され、2020年に6億8200万米ドルの収益を達成すると予測されました。同市場はCAGR34%で拡大を続け、2025年には29億3200万米ドルの総収益が見込まれています。

ADASおよび自律走行車用向けLiDARアプリケーションに関して言えば、2020年はCOVID-19パンデミックが世界中の自動車業界に悪影響を及ぼしたにもかかわらず、自動車メーカー各社によるNEVのリリースが続きました。さらに、これらの自動車メーカーは、ハイエンドの従来型ガソリン車やNEVにもADASを搭載しています。SAEレベル4から5の自律走行車に不可欠なコンポーネントであるLiDARシステムは、データベースを構築し、車両の位置精度を向上させるために自動車メーカーが使用しています。さらに、自動車用LiDARは、自律走行バス、ロボタクシー、自動運転トラックにも搭載されています。自動車用LiDARの総売上高は、2025年には24億3400万米ドルに達すると予想されています。現在、主要な車載用LiDARサプライヤーには、Velodyne、Valeo、Quanergy Systems、ibeo、Continental、LeddarTech、INNOVIZ、HESAI、LeiShen、Luminarなどがあり、主要なLiDARレーザーサプライヤーには、OSRAM、Laser Components、Excelitas、浜松ホトニクスなどがあります。

配送・物流分野では、電子商取引の普及に伴い、ネット販売業者や配送業者が自律型配送ロボットや自転車宅配便、自動運転トラックなどを利用して配送を行うことで、ラストマイルの配送コストを削減することが求められており、自走・自律的な判断機能を備えた配送ロボットの需要が高まっています。これらの配送方法を推進している大手EC企業としては、Alibaba、Amazon、FedEx、Jingdong(JD.com)などがあります。

同様に、産業用オートメーション市場もパンデミックの影響で伸び悩んでおり、ほとんどの企業が予算の関係で従来の拡大計画を先送りしていますが、将来的な人手不足を警戒して、市場の下降傾向に逆らって産業用オートメーション開発に追加投資を行っている企業もあります。2020年を通して様々な先送りがありましたが、欧州と北米市場では、21年第3四半期から産業用オートメーション用途の需要が急増すると予想されています。2025年の産業用およびデリバリーLiDAR市場の収益は、全体で4億6900万米ドルと予測されています。これらの市場における主要なLiDARサプライヤーは、SICK、北陽電機、オムロン、Velodyneなどがあります。ADAS、自律走行車、産業用オートメーションへの需要が高まる中、LiDARの利用量の増加により、市場における価値が再確認されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]