UV-C LED市場、新型コロナ禍における除菌への世界的意識の高まりが需要を促進

従来のUV LED市場は、メーカーや消費者からの支持獲得のため、価格の引き下げに頼ってきました。しかし、現在は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、メーカーや消費者の除菌に対する意識が著しく向上しています。春節(旧正月)以降、殺菌・消毒機能を持つLEDの一種であるUV-C LEDメーカーへの受注問い合わせが急増しています。UV-C LEDには、市場価値を着実に向上させる機会があると考えられます。

https://p.ledinside.com/led/2020-04/1587521510_39255.jpg

UV水銀ランプは光出力が高く、主に学校や病院などの大空間の消毒に使用されています。一方で、UV LEDはウォームアップ時間を必要とせず、水銀を含まないため、より安全です。また、寿命も長い上、エネルギーコストと熱損失が抑えられるため、持続可能性という面でも優れています。さらに、UV-C LEDは単一波長帯を使用しており、光出力の改良を必要とするため、照射に関しては比較的安全性が高いと言えます。また、小型化された光源の強みを生かし、小スペースや表面の消毒などの市場需要にも十分対応できます。

COVID-19の影響を受け、UV-C LED製品は、消毒バッグ、ボックス、マタニティ製品、UV-C消毒トーチライト、持ち運び可能な消毒製品などを網羅しており、市場の需要を促進しています。

TrendForceのリサーチマネージャー、Joanne Wu氏は次のように述べています。

「UV-C LEDメーカーは長年、家電ブランド分野の発展に尽力してきまし。UV-C LED技術がより成熟し、大手ブランドに受け入れられるようになると、UV-C LEDは最終的に2020年に成長の好況期を迎えるでしょう。家庭用ブランド市場と比較して、UV-C LED製品の価格は、商用アプリケーション分野においてより受け入れられやすく設定されています。UV-C LED技術が安定し、ブランドの受容性が向上するにつれて、UV-C LEDは業務用エアコン、表面消毒アプリケーション、水消毒分野で採用される見込みです」

また、車内空間は比較的密閉されており、循環も悪いため、食べ物の臭いやタバコの煙、香水の臭い、さらには乗客が持ち込んだ細菌やウイルスの影響を受けやすくなっています。車内の空気は悪臭を放つことが多く、乗客の病気の原因となることもあります。そのため、乗用車市場では、クリーンな空気を作るために、外付けの除菌製品と空調用のUV-C LEDを導入する予定です。

深紫外LEDにはUV-B LEDとUV-C LEDがあり、2020年に向けて様々な用途が絶え間なく登場しています。しかし、製品の品質に優劣が共存するため、市場秩序はやや混沌としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]