スマート街路灯の市場規模は2024年に11億米ドルに到達、新たなインフラ復興が市場需要を牽引

LEDスマート街路灯の市場規模は、2024年に11億米ドルに達し、2019年から2024年のCAGR8.2%で成長すると予想されています。(スマートストリート市場規模は、ランプ照明器具と単一照明制御システムのみを含む)

LED照明需要はマクロ経済の発展に大きく関係していると指摘されています。COVID-19の流行下で不透明要素が多い中、各国政府は財政刺激策を実施し、特に中国と北米では、経済活性化に向けた新たなインフラの投資先として、スマートシティ建設に着手しました。道路建設は最大の投資支出カテゴリーの1つです。例えば、2019年の米国政府の道路建設支出総額は976億米ドル(前年比6.34%増)であり、LED街路灯のような屋外照明が採用される傾向にあります。Signify、AcuityBrands、Zumtobel、Leotek(Lite-On Group傘下の照明ブランド)、UniluminなどのLED照明メーカーは、約2年前から屋外スマート照明の新製品や統合ソリューションを継続的に発表しており、スマート街路灯市場の浸透を加速させています。

一般的にスマート街路灯のポールは、スマート街灯プロジェクトの建設コストの観点から、インテリジェント照明、情報発信、セキュリティ監視、環境検出、充電ステーション、5Gマイクロステーションプラットフォームから成る6つのコア機能を含んでいると指摘されています。

付属品の中では、LEDモジュラーデザインのランプヘッドやシングルライトコントローラーなどのスマート照明機器は100%規格品となっています。最高クラス装備の(選択組立)スマート街路灯ポールの平均市場価格は6,997.9米ドルで、そのうち2.6%を占めるスマート照明機器は182.5米ドルです。

実際、中国は世界のスマート街路灯開発の主要な牽引役となっています。しかし、このような大規模な地方自治体のエンジニアリングプロジェクトは、国内市場ではより複雑であり、複数の利害関係者が存在します。そして、明確で統一された基準がなければ、実際にプロジェクトを実行に移すまでに時間がかかります。また、スマートシティ建設の枠組みの中で、スマート街路灯プロジェクトは、IoTや通信に関わってきます。そのため、政府はリソースを集中させ、強力な力を持つ企業に入札を行う傾向があります。都市街路灯プロジェクトの建設と交換に、マルチパーティの協力を採用することは避けられません。LED照明メーカーに関する限り、スマート街路灯プロジェクトを完了するためには、強力な通信会社に頼る方が得策です。今後、中国のスマート街路灯プロジェクトは、HuaweiやTencentのような強力な資源統合能力を持つ企業が主導すると予測されます。

スマート街路灯が川下の産業チェーンに浸透すればするほど、その付加価値は大きくなると考えられます。LED照明メーカーは、既存の利点に基づくシステムサービス能力を強化し、LED照明製品の統合力を高め、自社の総合的なサービスレベルを向上させ、供給システムに参入する必要があります。政府は、スマートな街路灯の基準を明確にし、スマートシティ計画の包括的な設計を行う必要があります。同時に、LED スマート街路灯産業の発展のために信頼性の高い基盤を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]