整形外科用バイオマテリアルの市場規模、2025年に214億2,000万米ドル到達見込み

整形外科用バイオマテリアル市場は、整形外科用バイオマテリアルの製造および販売から事業所が生み出す収益で構成されています。整形外科用バイオマテリアルとは、骨、軟骨、靭帯、腱などの様々な組織を置換または修復することにより、特定の生物学的機能を果たすためのデバイスの構成要素として人体に挿入されることを目的とした材料です。

整形外科用バイオマテリアル市場は、材料の種類別に、セラミック・生体活性ガラス、リン酸カルシウムセメント、ポリマー、金属、複合材料に、用途別に、整形外科用インプラント、人工関節置換・再構築、生体吸収性組織固定、オルソバイオロジー、ビスコサプリに分けられています。

整形外科用バイオマテリアル市場は、2020年の112億5,000万米ドルから2021年には144億2,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)28.2%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が事業を再開し、新しい正常な状態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に、社会的な距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め措置をとっていたため、運営上の課題が生じていました。整形外科用バイオマテリアル市場は、年率10%で2025年に214億2,000万米ドルに達すると予想されています。

筋骨格系疾患の発生率の上昇が、整形外科用バイオマテリアル市場を牽引すると予想されます。世界保健機関(WHO)の報告書によると、筋骨格系の疾患は世界の障害の主な原因となっています。人口の約20~33%が筋骨格の障害に苦しんでいます。筋骨格系の障害は、関節、靭帯、腱の骨折、腫れ、不快感を誘発し、運動障害の原因となります。筋骨格系疾患の負担は、加齢とともに増加することが知られています。持続可能な開発目標(SDGs)や「健康な高齢者の10年2020-2030」では、筋骨格系の健康に対する世界的な関心と行動を高めることが求められています。これらの障害の治療にはバイオマテリアルが使用されます。したがって、筋骨格系疾患の発生率が整形外科用バイオマテリアル市場を牽引すると予測されています。

臨床試験の実施にかかる費用が高いことが、同市場の成長を妨げると予想されています。整形外科用バイオマテリアルは、体内に直接埋め込まれます。そのため、これらの材料の安全性と生体適合性を証明することが重要となります。しかし、臨床試験の実施にかかる費用が高いことが大きな障害となっています。臨床試験は、必要とされる試験の数と各試験の長さのために、費用と時間がかかります。資源、時間、資金の投資は、段階を追うごとに大きくなっていきます。また、各段階での試験の結果によっても追加のコストが発生します。例えば、第3相試験が失敗した場合のコストは、試験自体のコストだけでなく、それ以前のすべての試験のコストや、可能性のある代替品を追求したり、手順を繰り返したりするための時間のロスも含まれています。したがって、臨床試験の実施にかかるコストの高さは、整形外科用バイオマテリアル市場に影響を与えると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]