鉱山機械・機器市場、2020年から2021年にCAGR8.36%で成長見込み

鉱山機械・機器市場は、石炭破砕機、鉱山車、コアドリル、石炭切断機、削岩機などの地下鉱山機械・機器の製造や、地表または地下の鉱山で使用される鉱物選鉱機械・機器の製造に従事する事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による鉱山機械・機器の販売で構成されます。企業間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみが含まれます。

鉱山機械の主な種類は、地下鉱山機械、地上鉱山機械、ドリル・ブレーカー、破砕・粉砕・選別装置、鉱物処理機械、フィードコンベア、スタッカー、リクレーマなどです。粉砕は、鉱物を小さな粒子にします。破砕は、さらなる処理のために材料の大きさを小さな物質に変えます。選別は、機械的なスクリーニングプロセスで1つの材料を他から分離します。これらの鉱山機械は、石炭、鉱物、金属の採掘における輸送、処理、掘削に使用されます。

鉱山機械・機器市場は、2020年の249億9,000万米ドルから2021年には270億7,000万米ドルへと、年平均成長率(CAGR)8.36%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開し、新しい正常な状態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率11.26%で2025年には414億9,000万米ドルに達すると予想されています。

採掘需要の高まりが、鉱山機械・機器市場の成長を後押ししています。トラック、ローダー、ディガーなどの地下の先進的な鉱山機械は、材料を掘り起こすために使用され、通常は、さらなる生産のためにスキップやリフトで地上に運ばれます。オーストラリア、アメリカ、カナダなどの先進国の経済成長において、鉱業は重要な役割を果たしています。米国は鉱物資源の最大の買い手であり、世界最大の生産国の一つであるため、鉱業は米国経済にとって特に重要です。例えば、USA Geological reportによると、2019年にUSAの鉱山は約863億米ドル相当の鉱物を生産し、2018年に生産された鉱物よりも20億米ドル多く生産しました。そのため、鉱山需要の増加が鉱山機械・機器市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]