ダッシュボードカメラ市場、2020年から2021年にCAGR15.1%で成長見込み

ダッシュボードカメラ(ダッシュカム)市場は、運転支援システムの下で幅広い製品を提供し、交通安全のためのソリューションに対するアフターマーケットの要求を満たすことに従事している事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるダッシュボードカメラの販売で構成されています。企業間で取引される、あるいは最終消費者に販売される商品およびサービスのみを対象とします。

ダッシュボードカメラの主な種類は、正面ダッシュカム、正面・背面ダッシュカム、正面・室内ダッシュカム、トリプルレンズ・ダッシュカム、ミニチュア・ダッシュカムです。正面ダッシュカムは、フロントガラスの前面を録画するカメラです。前後ダッシュカムは、車の前方と後方を録画するカメラで、2つのビデオレンズを備えており、両方のレンズから同時に録画することができます。フロント&インテリア・ダッシュカムは、車の内部と前方を録画します。トリプルレンズ・ダッシュカムは、車の前方、内部、後方を同時に録画します。ミニチュア・ダッシュカムは、スクリーンを持つことができる小型のダッシュカムです。ダッシュボードカメラは、商用車や個人用車両に使用され、基本技術、先進技術、スマート技術が搭載されています。

ダッシュボードカメラ市場は、2020年の25億3,000万米ドルから2021年には29億1,000万米ドルまで、年平均成長率(CAGR)15.1%で成長すると予測されています。この成長は主に、企業が業務を再編成し、COVID-19の影響から回復したことによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、業務上の課題が生じていました。この市場は、年率14.2%で2025年には49億6,000万米ドルに達すると予想されています。

交通事故の増加がダッシュボードカメラ市場の成長に寄与しています。不注意な運転はより大きな脅威となり、過去数十年間、交通事故の主な原因となっています。例えば、世界保健機関(WHO)によると、毎年、世界で約135万人が交通事故で亡くなっています。さらに、全米安全評議会によると、2019年には、約38,800人が交通事故で命を落とし、約440万人が重傷を負っています。ダッシュボードカメラは、乗員だけでなく、歩行者の保護と安全のために、小型商用車に搭載されています。そのため、交通事故の増加がダッシュボードカメラ市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]