生鮮肉パッケージングの市場規模、2025年に32億2,000万米ドル到達見込み

生鮮肉パッケージング市場は、生鮮肉の保存に使用される包装材と生鮮肉製品の形態の販売で構成されています。生鮮食肉パッケージング業界には、変化する大気中でのパッケージング、真空スキンパッケージング、真空熱成形パッケージングなどの伝統的なパッケージングソリューションがあります。このようなパッケージングソリューションは、食肉製品の新鮮でタイムリーな流通を確保することで、効率的な輸送を提供し、食肉製品の保存性を高めます。

生鮮肉パッケージング市場で使用されているパッケージングフォーマットの主なタイプは、変更された大気パッケージング(MAP)、真空スキンパッケージング(VSP)、および真空熱成形パッケージング(VTP)です。修正雰囲気包装は、食品の保存に適したレベルの気体を食品の周囲に置く包装システムです。真空スキンパックは、食品を入れ、加熱して柔らかくした上層部に蓋をして包装する方法です。真空熱成形包装は、熱可塑性樹脂層を形成するために、熱、真空、および大気の部分のみを使用する熱成形の簡略化された形態です。パッケージの製造に使用されるさまざまな種類の材料は、PE、PVC、BOPP、PA、EVOH、PPで、牛肉、豚肉、鶏肉などさまざまな肉の包装に使用されます。

生鮮肉パッケージング市場は、2020年の23億2,000万米ドルから2021年には25億米ドルに、年平均成長率(CAGR)7.7%で成長すると予測されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率6.5%で2025年には32億2,000万米ドルに達すると予想されています。

肉の消費量の増加は、生鮮肉パッケージング市場の成長に寄与しています。オーストラリア農業水環境省の調査による推計によると、2018年までの20年間の肉の消費量は、58%増の3億6,000万トンを越えました。2019年のスペインの一人当たりの肉消費量は46.2kgで、その中で最も消費されている生肉は鶏肉でした。肉の消費量の増加は、市場の成長に貢献しています。 生鮮肉パッケージング市場の成長は、ヴィーガン食品の健康上の利点に対する認識の高まりにより、顧客の嗜好がヴィーガン食品へと変化することで制限されています。さらに、NCBIのレポートによると、赤身の肉を摂取すると、冠状動脈性心臓病、脳卒中、その他の健康問題を引き起こす病気に罹患するリスクが高まることが報告されています。また、Science Dailyの報告によると、赤身の肉、加工肉、鶏肉を摂取すると、心血管疾患のリスクが3~7%、全死因のリスクが3%高くなると言われています。肉の消費に伴う健康状態の悪化により、顧客はより良い健康状態を求めて菜食主義に移行しており、生鮮肉パッケージング市場にマイナスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]