紫外線安定剤市場、2025年に18億米ドル到達見込み

紫外線安定剤市場は、化学物質の劣化を防ぐ紫外線安定剤の販売で構成されています。紫外線安定剤は、太陽や人工的な光源からの放射線を吸収し、その光線を中和することで、製品のひび割れを抑え、素材の強度を高める効果があります。紫外線安定剤は、コーティング剤や塗料などの屋内外の用途にも使用されます。

紫外線安定剤には、主にヒンダードアミン系光安定剤(HALS)、紫外線吸収剤、消光剤があります。ヒンダードアミン系光安定剤は、アミン官能基を持つ化合物で、ラジカル捕捉剤として作用します。紫外線吸収剤は、紫外線を低エネルギー状態に放散させ、有害な紫外線によるポリマーの劣化を防ぎ、ポリマーを保護するために使用されます。これらの紫外線安定剤は、建築、農業、自動車、家具、包装などの業界で、コーティング剤、接着剤、シーラント、プラスチックなどに使用されています。

紫外線安定剤市場は、2020年の12億7,000万米ドルから2021年には13億5,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)6.2%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に、社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率7.5%で2025年には18億米ドルに達すると予想されています。

自動車産業による自動車生産の増加とパッケージの使用が市場の成長に寄与しています。生活水準の向上や都市化に伴う人口の増加により、自動車の需要が高まっています。自動車業界では、自動車部品の耐久性を向上させるために、プラスチック材料と紫外線安定剤を使用して軽量の自動車を製造しています。自動車メーカーは、中国、インド、およびヨーロッパ諸国で拡大しています。OICAによると、中国の自動車生産台数は2,572万台、米国は1,088万台、日本は968万台、ドイツは466万台、インドは451万台となっています。さらに、人口の増加に伴い、栄養のある食料、丈夫な構造の住まい、そして自動車が求められています。国連は、2050年には世界の人口が97億人に達すると予測しています。紫外線に対する意識の高まりから、材料を劣化から守り、強度を向上させるために、紫外線安定剤の採用が増え、市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]