電気自動車用充電器市場、2025年に103億1,000万米ドル到達見込み

電気自動車用充電器市場は、電気自動車用充電器を製造する事業者(団体、個人事業主、パートナーシップ)による電気自動車用充電器の販売で構成されています。電気自動車用充電器は、電気自動車、地域電気自動車、プラグインハイブリッド車などの電気自動車(EV)と電源をつなぐ装置です。

電気自動車用充電器には、主に、低速交流充電、高速交流充電、高速直流充電があります。遅いAC充電は、車の充電時間が十分にある集合住宅や住宅、フリート充電場などで広く使われています。車のフル充電には約5〜8時間かかります。ACはコンバーターによってDCに変換され、バッテリーに直接供給されます。急速AC充電器は、小型電気自動車を3〜4時間でフル充電することができます。急速DC充電器は、充電ステーション内でAC電源をDCに変換し、DC電源を直接バッテリーに供給するため、より早く充電することができます。電気自動車用充電器は、家庭、オフィス、その他の商業施設など、さまざまな場所で使用されています。

電気自動車用充電器市場は、2020年の22億4,000万米ドルから2021年には29億6,000万米ドルへと、年平均成長率(CAGR)31.97%で成長すると予想されています。この成長は主に、企業がCOVID-19の影響から回復しつつ、事業を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、運営上の課題が生じていました。この市場は、年率36.6%で2025年には103億1,000万米ドルに達すると予想されています。

環境意識の高まりによる電気自動車の需要増が、今後数年間の電気自動車用充電器市場の成長を牽引すると予想されます。世界では、再生不能な化石燃料車による汚染物質の排出を削減し、コストのかかる燃料に代わる輸送手段を提供するため、輸送手段の電動化が進んでいます。プラグインカーの販売統計、充電インフラ、バッテリー、車種、販売予測などのデータベースです。EV-Volumesによると、2020年に販売されたプラグインカーの台数は、2019年の226万台から324万台に達しています。そのため、電気自動車の販売台数の増加が、電気自動車用充電器市場の成長を牽引しています。

COVID-19の影響は、電気自動車用充電器市場の成長を妨げました。世界の自動車部門は、多くの国でのロックダウンにより衰退しており、これが電気自動車の成長を制限しています。例えば、ドイツでは、2020年の第1四半期に電気自動車の新規登録台数が2019年の同時期に比べて35%減少しました。そのため、COVID-19の発生が電気自動車用充電器市場の成長を抑制しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]