サーマルインターフェースマテリアルの市場規模、2025年に30億6,000万米ドル到達見込み

サーマルテープ、グリス、エラストマーパッド、はんだなどのサーマルインターフェース材料を製造・販売する事業者(団体、個人事業主、パートナーシップ)が、サーマルインターフェース材料や関連サービスを販売する市場です。熱伝導材料は、金属、シリコン、金属酸化物などの導電性材料から作られ、熱を伝導するために硬い表面の間に塗布されます。主な用途は、電子機器、医療機器、産業機械などです。企業間で取引される商品やサービス、最終消費者に販売される商品やサービスのみを対象とします。

サーマルインターフェースマテリアル(TIM)の主な種類は、グリス・接着剤、テープ・フィルム、ギャップフィラー、金属系TIM、相変化材料です。金属系TIMは、固体から液体に物理的な状態が変化する際に、潜熱を吸収または放出する物質です。TIMsは一般的にシリコン、エポキシ、ポリイミドで構成されており、通信、コンピュータ製造、医療機器、産業機械、耐久消費財、カーエレクトロニクスなどのいくつかの分野で使用されています。

サーマルインターフェースマテリアル市場は、2020年の17億8,000万米ドルから2021年には19億7,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)10.42%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響を受けた企業が事業の再編成を行い、それ以前に社会的な距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたことから、運営上の課題を抱えていたことによるものです。この市場は、年率11.72%で2025年には30億6,000万米ドルに達すると予想されています。

電子機器の需要の増加は、今後数年間、サーマルインターフェースマテリアル市場の需要を押し上げると予想されます。電子機器の効率と寿命を高める熱伝導特性を持つサーマルインターフェース材料は、タブレット、コンピュータ、スマートフォン、ビデオゲームなどの電子機器で使用される機会が増えており、市場の成長に貢献すると期待されています。India Brand Equity Foundation(インド政府商工省)によると、インドの家電・電子機器(ACE)市場は、2019年に109億3,000万米ドルに達し、2025年末には211億8,000万米ドルに倍増すると予測されています。したがって、電子機器や家電製品の需要の急増は、サーマルインターフェースマテリアル市場に高い収益をもたらすと予想されます。

COVID-19の発生は、サーマルインターフェースマテリアル市場の成長を制限する大きな要因となっています。コロナウイルスに感染した人の数が急増したため、政府はロックダウンを実施し、その結果、多くの企業が一時的に閉鎖され、貿易損失が発生しました。また、世界各地では、社会的疎外感や労働力不足のために、製造プロジェクトが中断されました。サーマルインターフェース材料の製造拠点の閉鎖や、サプライチェーンやロジスティクスの混乱は、市場の収益に大きな影響を与えました。例えば、インドエンジニアリング輸出促進協議会(EEPC)によると、コロナウイルス発生によるインドの貿易への影響は約3億4,800万米ドルと推定され、製造業が減速したことで最も影響を受けた上位15カ国の中にインドが含まれています。このように、サーマルインターフェース材料を含むCOVID-19による製造業の減速は、市場成長の大きな阻害要因となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]