フェイスシールドの市場規模、2025年に42億2,000万米ドル到達見込み

フェイスシールド市場は、個人保護具として顔に装着するフェイスシールドを製造する企業(団体、個人事業主、パートナーシップ)によるフェイスシールドと関連サービスの販売で構成されています。フェイスシールドとは、プラスチックやプレキシグラス製の湾曲したパネルをバンドに取り付けて顔に装着するもので、バンドと額の間に隙間ができないようにしっかりとフィットし、あごよりも長く伸びている必要があります。体液の飛沫、噴霧、飛散から顔面および関連する粘膜(目、鼻、口)を保護するために、医療、歯科、獣医などの分野で多くの作業者が使用しています。企業間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみを対象とします。

フェイスシールドには、主に再使用可能なものと使い捨てのものがあります。一般的には、ポリカーボネートや酢酸セルロースで作られており、医療、建設、化学、石油・ガス、製造など、幅広い業界で販売されています。

フェイスシールド市場は、2020年の26億米ドルから2021年には28億6,000万米ドルへと、年平均成長率(CAGR)9.8%で成長すると予測されています。この成長は主に、COVID-19の発生時に、ウイルスへの感染を防ぐための保護手段としてフェイスシールドの需要が急増したことによるものです。2025年の市場規模は42億2,000万米ドル、年率10.2%と予測されています。

COVID-19パンデミックの発生による認知度の向上と、いくつかの政府の取り組みが、フェイスシールド市場の成長に貢献しました。世界保健機関(WHO)によると、コロナウイルスは、感染者が咳やくしゃみをしたときの唾液の飛沫を介して感染するとされています。このような認識が広まったのは、COVID-19の感染者数が急増したことや、世界各国の政府がロックダウンを実施したことが原因と考えられます。ウイルスの拡散を抑えるための政府の取り組みが、フェイスシールド市場を支えています。例えば、欧州諸国では、欧州委員会が2021年4月末まで、保護具、検査キット、医療機器の関税と付加価値税を免除しています。COVID-19パンデミックの発生による認知度の向上と、いくつかの政府の取り組みがフェイスシールド市場を牽引しました。

偽造品が出回っていることや、ウイルスの拡散を完全に防ぐにはフェイスシールドの効果が不十分であることが、フェイスシールド市場の成長を制限すると予想されます。フェイスシールドの代替品としては、マスクなどの製品が依然として好まれています。AIP出版の「Physics of Fluids」に掲載された研究では、ウイルスの拡散を防ぐフェイスシールドの効果を視覚的に表現しています。その結果、フェイスシールドは、シミュレーションされた咳やくしゃみの最初の前進運動を妨げますが、排出された飛沫はバイザーの周りを移動し、より広い範囲に拡散することがわかりました。偽造品が出回っていることや、ウイルスの拡散を完全に防ぐにはフェイスシールドの効果が不十分であることが、フェイスシールド市場の成長を制限していると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]