光電センサー市場、2025年に21億1,000万米ドル到達見込み

光電センサー市場は、光電センサーを製造する事業者(団体、個人事業主、組合)による光電センサーおよび関連サービスの販売です。光電センサーとは、発光素子から光を放射するセンサーのことです。光電センサーは、家電、工業生産、自動車・輸送、ビルオートメーション、食品・飲料、医薬品・医療、包装などの分野で使用されています。

光電センサーには、主に近接型光電センサーと光ファイバ―型光電センサーがあります。近接型光電センサーは、センサー自体の透過光が物体の表面で反射した光を検出することで、真正面の物体を検出し、光ファイバ―型光電センサーは、機械的な歪みや温度、化学種の濃度、加速度、回転、圧力、振動、変位などを検出します。光電センサーに使用される技術には、回帰反射型、透過型、拡散型があり、検出範囲は、=100mm、100~1,000mm、1,000~10,000mm、10,000mm超と様々です。光電センサーは、家電製品、工業製品、自動車・輸送、ビルオートメーション、食品・飲料、医薬品・医療、包装など、さまざまな分野で使用されています。

光電センサー市場は、2020年の13億1,000万米ドルから2021年には16億3,000万米ドルまで、年平均成長率(CAGR)24.7%で成長すると予測されています。この成長は主に、企業が業務を再編成し、COVID-19の影響から回復したことによるものです。COVID-19は、それ以前に、社会的な距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め措置をとっており、運用上の課題が生じていました。この市場は、年率6.6%で2025年には21億1,000万米ドルに達すると予想されています。

家電製品、自動車・輸送、ビルオートメーション、食品・飲料、医薬品・医療、包装、工業製造など、さまざまな業界からの光電センサーの需要が増加していることが、予測期間中の光電センサー市場を牽引すると考えられます。例えば、バス、電車、エレベーター、ガレージなどの自動ドアやゲートは、適切なタイミングで開閉するために、信頼性の高いセンシング技術が必要です。光電センサーと赤外線スキャナを組み合わせれば、近づいてくる人や車を検知し、それに応じてドアを開閉することができます。そのため、自動車をはじめとするさまざまなアプリケーションで光電センサーの需要が増加しており、これが予測期間中の市場を牽引すると予想されます。

COVID-19の発生は、光電センサー市場の需要とサプライチェーンに影響を与えており、これが期間中の市場成長を抑制しています。COVID-19の影響により、世界中で事業活動が停止したことで、様々な業界からの光電センサーの需要が減少しました。また、ウイルスの蔓延を抑えるために、世界各地の製造施設での光電センサーの生産が一時的に停止され、光電センサーのバリューチェーンで活動するプレイヤーに大きな影響を与えました。そのため、2020年にCOVID-19が発生したことが、歴史的期間における光電センサーの市場成長の妨げとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]