超伝導体市場、2020年から2021年にCAGR10.48%で成長見込み

超伝導体市場は、超伝導体を製造する事業者(団体、個人事業主、組合)による超伝導体の販売で構成されています。超伝導体とは、電気を流したり、ある原子から別の原子へ電子を抵抗なく移動させることができる装置のことです。事業体間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみが含まれます。

超伝導体市場は、タイプ別(I型超伝導体、II型超伝導体)、素材別(ステンレス鋼、イットリウムバリウム銅酸化物、ビスマスストロンチウムカルシウム銅酸化物、その他)、製品別(磁石、ケーブル、変圧器、エネルギー貯蔵装置)、用途別(エネルギー、エレクトロニクス、医療、研究開発、工業、その他)に分類されています。

超伝導体市場は、2020年の48億5,000万米ドルから2021年には53億7,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)10.48%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率13.08%で2025年には87億8,000万米ドルに達すると予想されています。

MRI機器の需要拡大が、今後数年間の超伝導体市場の成長を牽引すると予想されています。MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、強力な超伝導磁石を用いて、患者の体内に大きく均一な磁場を発生させます。磁気共鳴イメージング(MRI)装置は、健康問題の診断の精度を高めるために使用される技術の一例です。Health System Trackerによると、2020年の米国の人口100万人あたりのMRI装置の台数は40.4台で、日本を除くほとんどの比較可能な豊かな国(55.2台)よりもかなり多くなっています。そのため、MRI装置の需要拡大が超伝導体市場の成長を後押ししています。 一方で、超伝導体製品はコストが高いため、予測期間中の超伝導体市場の成長を妨げる要因になると考えられます。超伝導体磁石は、超伝導体線材をコイル状にした電磁石で、使用時には低温になるように冷却する必要があります。超伝導状態では、磁石を覆うケーブルに電気抵抗がないため、強力な磁界を発生させることができます。超伝導体磁石は素晴らしいものですが、巻線の熱としてエネルギーが失われるため、運用コストがかかります。半導体マグネットのコストは、メーカーによって異なりますが、1キログラムあたり75米ドルから575米ドルです。そのため、高コストが超伝導体市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]