光ファイバーコネクタ市場、2020年から2021年にCAGR7.68%で成長見込み

光ファイバーコネクタ市場は、公共通信網や配線工事に使用される高速コネクタである光ファイバーコネクタの事業体(団体、個人事業主、組合)による販売で構成されています。光ファイバーコネクタは、光ファイバーケーブルを迅速に接続・切断することができるフレキシブルなデバイスです。企業間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみが含まれます。

光ファイバーコネクタ市場は、製品別にSC(スタンダードコネクタ)、LC(ルーセントコネクタ)、FC(フェルールコネクタ)、ST(ストレートチップ)、MTP/MPO(マルチファイバープッシュオン/プルオフ)、MXCコネクタ、その他に分類されます。また、ケーブル別には、単心、二心、多心、用途別には、通信、ビル間、コミュニティアンテナテレビ、データセンター、高密度相互接続、セキュリティシステム、その他に分類されます。

光ファイバーコネクタ市場は、2020年の42億米ドルから2021年には45億3,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)7.68%で成長すると予測されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率7.38%で2025年には60億2,000万米ドルに達すると予想されています。

スマートデバイスやスマートフォンを利用する人が増え、4G LTEや5Gネットワークプラットフォームの商用化が急速に進んでいることが、世界の光ファイバーコネクタ市場の成長を後押しします。例えば、2020年1月の世界のスマートフォンユーザー数は35億人で、世界人口の45.12%を占めています。GSA(Global Mobile Suppliers Association)によると、5Gの契約数は2019年末までに1,773万件、4Gのベースは52億7,000万件となっています。スマートデバイスとは、日常的に使われているガジェットを、AIや機械学習などの高度なコンピューティングでインテリジェント化し、ネットワーク化することで、インターネットを必要とするモノのインターネット(IoT)を形成するものです。スマートデバイスの使用増加と4G LTEおよび5Gネットワークプラットフォームの商用化により、光ファイバーコネクタ市場の需要が増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]