ビデオ会議市場、2020年から2021年にCAGR-23.35%で減少見込み

ビデオ会議市場は、企業(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるビデオ会議ソフトウェアおよび関連サービスの販売で構成されており、異なる場所にいるユーザーが一箇所に移動することなく対面での会議を行うことができます。ビデオ会議は、パフォーマンスを向上させ、時間を節約し、移動コストを最小限に抑え、コラボレーションを促進します。ビデオ会議では、対面式のコミュニケーションのために常に移動する必要がなく、これらのメリットを享受することができます。

ビデオ会議市場は、会議タイプ別(テレプレゼンス、統合型、デスクトップ、サービスベースのビデオ会議システム)、導入形態別(クラウド、オンプレミス)、企業規模別(中小企業、大企業)、エンドユース別(企業、教育、BFSI、メディア・エンターテインメント、政府・防衛、その他)に分類されています。

ビデオ会議市場は、2020年の78億7,000万米ドルから2021年には60億3,000万米ドルに減少し、年平均成長率(CAGR)は-23.35%になると予想されます。この成長傾向の変化は、主に2020年のCOVID-19パンデミック時に急激に増加した需要に対応した後、企業が生産量を安定させたことによるものです。2025年の市場規模は86億7,000万米ドル、年平均成長率は9.5%と予想されています。

予測期間中のビデオ会議市場の成長には、5G技術の登場が寄与しています。5Gは、より高速なネットワーク、より高い周波数の無線帯域、そしてより信頼性の高い接続により、ビデオ会議を向上させます。ネットワークの速度と帯域幅が向上することで、HDや3Dでの最高品質の通話が可能になり、混雑した4Gネットワークに見られる遅延やその他の中断がなくなります。リーズナブルな料金で5Gが開発されたことで、リモートワークがビデオ会議の最前線になりました。エリクソン社のネットワークカバレッジレポートによると、5Gは2025年までに世界の人口の最大65%をカバーすると予想されています。5G技術の登場によりネットワークの速度と能力が向上し、高品質なビデオ会議が可能になることが、ビデオ会議市場の成長に寄与すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]