分析用標準市場、2020年から2021年にCAGR11.8%で成長見込み

分析基準市場は、分析機器を製造する企業(団体、個人事業主、組合)による分析基準とその関連製品の販売で構成されています。分析用標準試料とは、特定の実験のための校正用標準試料として使用される、高品位の化合物と定められた濃度のものです。分析基準は、獣医学、生命科学、食品、飲料、科学捜査、環境、製薬などあらゆる分野で導入されています。

分析標準市場は、タイプ別では有機標準、無機標準、技術別ではクロマトグラフィー、分光法、滴定法、物理的特性試験、方法別ではバイオ分析試験、安定性試験、原材料試験、溶出試験、その他、用途別では微生物試験、物理的特性試験、毒性試験、汚染試験、QA/QC試験、熟練度試験、安定性試験、その他、エンドユーザー別では食品・飲料標準、法医学標準、動物用医薬品標準、石油化学標準、環境、製薬、ライフサイエンス標準に分類されています。

分析用標準試料の世界市場は、2020年の13億4,000万米ドルから2021年には15億2,000万米ドルまで、年平均成長率(CAGR)11.8%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が業務を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19の影響は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め措置をとっていたため、業務上の課題が生じていました。この市場は、年率6.75%で2025年には19億8,000万米ドルに達すると予想されています。

食品の安全性と品質の最適化に関する社会的関心の高まりが、今後数年間の分析標準市場の成長を後押しすると予測されます。化学物質や危険なバクテリア、寄生虫、ウイルスなどで汚染された食品を摂取すると、下痢や癌など200以上の病気を引き起こすと言われています。質量分析やクロマトグラフィーなどの分析技術は、食品検査機関が腐敗をスキャンし、食品の安全性を保証するために広く採用されています。例えば、2020年に発表された世界保健機関(WHO)の報告書によると、粗悪な食品を口にした後、6億人(約10人に1人)が病気になり、毎年42万人が死亡し、その結果、3300万年の健康寿命が失われると予測されています。下痢性疾患は、感染した食品を摂取することによって引き起こされる最も一般的な疾患であり、年間5億5千万人が病気になり、23万人が損失を被っています。このように、食品の安全性や品質に対する社会的な関心が高まっていることが、分析基準市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]