自動車エアバッグ用シリコーン市場、2020年から2021年にCAGR23.4%で成長見込み

自動車エアバッグ用シリコーン市場は、自動車エアバッグ用シリコーンを製造する企業(団体、個人事業主、パートナーシップ)による自動車エアバッグ用シリコーンの販売と関連サービスで構成されています。自動車用エアバッグには、耐熱性、滑り性、保護性など様々な特性を持つシリコーンが使用されています。自動車が衝突した場合、エアバッグは熱を発生させ、車内の乗客が火傷する危険性があります。そのため、エアバッグにシリコーンを薄く塗布することで、熱から生地を保護し、乗客の火傷を防ぐことができます。企業間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみを対象としています。

自動車用エアバッグのシリコーン市場は、エアバッグのタイプ別(カットアンドシームシール(CSSS)、ワンピースウーブン(OPW))、エアバッグの位置別(フロント、ニー、カーテン/サイド、その他)、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV)に分類されています。

自動車エアバッグ用シリコーン市場は、2020年の1億9,120万米ドルから2021年には2億3,589万米ドルへと、年平均成長率(CAGR)23.4%で成長すると予測されています。この成長は主に、COVID-19の影響を受けた企業が事業の再編成を行い、それ以前に社会的な距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、運営上の課題を抱えていたことから回復したことによるものです。この市場は、年率21.7%で2025年には5億1,709万米ドルに達すると予想されています。

自動車の前席にはエアバッグの搭載が義務付けられており、この要因が自動車エアバッグ用シリコ―ン市場を予測期間中に牽引することが予想されます。エアバッグは、自動車の金属製ボディやシートベルトと連動して乗員を保護する複合装置であり、衝突や事故の際にファーストシートに座っている乗員やドライバーが負傷する危険性が高いことから、自動車には少なくともフロントシートにエアバッグを搭載することが義務付けられています。例えば、インドでは、新型車の場合は2021年4月1日以降、既存車の場合は2021年6月1日以降に製造された自動車には、運転者以外の前席に座る人のためのエアバッグを搭載しなければならないとされています。このように、自動車の前席にエアバッグを搭載することが義務付けられていることが、市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]