産業用プラグ・ソケット市場、2020年から2021年にCAGR4.9%で成長見込み

産業用プラグ・ソケット市場は、産業用プラグ・ソケットを製造する企業(団体、個人事業主、パートナーシップ)による産業用プラグ・ソケットの販売で構成されています。プラグ・ソケット・コンセントは、フレキシブルなケーブルと電気回路を定期的に結合するための機構で、ソケット・コンセントとプラグで構成されています。ソケット・コンセントは、電気回路に連結するように作られています。プラグは、デバイスやコネクターに接続されたフレキシブルケーブルの端に取り付けられた、または接続することを意図した部品です。

産業用プラグ・ソケット市場は、タイプ別ではプラグ、ソケット、保護機能別では防水、防塵・防滴、防爆、その他、エンドユーザー別では発電、石油・ガス、重工業、化学・製薬、その他に分類されています。

産業用プラグ・ソケット市場は、2020年の25億米ドルから2021年には26億2,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)4.9%で成長すると予測されています。この成長は主に、企業が業務を再編成し、COVID-19の影響から回復したことによるものです。COVID-19は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、業務上の課題が生じていました。この市場は、年率5.1%で2025年には32億米ドルに達すると予想されています。

スマートグリッドネットワークへの需要の高まりが、今後数年間の産業用プラグ・ソケット市場の成長を促進すると予想されます。スマートグリッドとは、21世紀に入って複雑化した電力需要を自動化して処理することができる、新しい電力生産、配電、送電インフラのことです。グリーンエネルギーへの関心が高まる中、送電網をスマートグリッドで代替する動きが活発化しており、産業用プラグ・ソケット市場の拡大が期待されています。スマートグリッドは、温室効果ガスの排出量を最大2億1,100万トンも抑えることができ、従来のグリッドよりもはるかに安定しているため、スマートグリッド技術の需要は2020年には4,000億米ドルに達しました。また、世界のスマートグリッド革新企業は約150社と予想され、そのうち77.4%が米国に所在しています。したがって、スマートグリッドネットワークの需要増加が、予測期間中の産業用プラグ・ソケット市場の成長を牽引します。

COVID-19の影響は、今後数年間の産業用プラグ・ソケット市場の成長を妨げると予想されます。業界メーカーは、政府がコロナウイルスの蔓延を抑制するために工場を閉鎖したため、出荷量や生産量の減少を経験しました。例えば、2020年、フランスの電気・電子機器製造会社であるシュナイダーエレクトリック社は、COVID-19のロックダウンにより、第1四半期の売上高が58億3,000万ユーロ(63億米ドル)となり、前年同期比7.6%減となりました。したがって、COVID-19の影響は、産業用プラグ・ソケット市場の成長を妨げました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]