タンクレベル監視システム市場、2020年から2021年にCAGR5.6%で成長見込み

タンクレベル監視システム市場は、タンクレベル監視システムを製造する企業(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるタンクレベル監視システムの販売で構成されています。タンクレベル監視システムは、タンク内の液体のレベルを追跡するための革新的な装置です。タンク内に設置されたチューブを用いて、流体の高さによって生じる静圧を検知し、流体の体積またはレベルを表示することで監視タスクを処理します。

タンクレベル監視システム市場は、製品別では侵襲型、非侵襲型、データサービス、データセンター、ローカルビュー、コンポーネント別ではセンサー、トラッキングデバイス、電源、モニタリングステーション、アプリケーション別では石油・燃料、発電所、鉱業、自動車、その他に分類されています。

タンクレベル監視システム市場は、2020年の8億5,174万米ドルから2021年には8億9,961万米ドルに、年平均成長率(CAGR)5.6%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の影響を受けた企業が事業の再編成を行い、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたことから、運営上の課題を抱えながらも回復していることによるものです。この市場は、年率5.0%で2025年には10億9,000万米ドルに達すると予想されています。

タンクレベル監視システムへの需要の高まりが、予測期間中のタンクレベル監視システム市場の成長を促進すると考えられます。タンクレベル管理システムは、センサーを使用して大気中のタンク内の流体の状態を監視するために使用される革新的な装置で、タンクゲージをテストするために作業員を配置する手間を省くことができます。IoTアナリスト企業であるBerg Insight社のレポートによると、アクティブなリモートタンクモニタリング(RTM)システムの世界的な設置台数は、2018年末までに250万台を超え、2023年までに1,190万台に達すると予想されています。そのため、タンクレベル監視システムの需要増加がタンクレベル監視システム市場の成長を牽引しています。 COVID-19のタンクレベル監視システムへの影響は、今後数年間のタンクレベル監視システム市場の成長を妨げると予想されます。COVID-19のパンデミックの発生は、製造業、石油・ガスなど様々な産業の発展に悪影響を及ぼしています。石油・ガスは、タンクレベル監視システムの主要なエンドユーザー産業です。COVID-19の影響により、石油・ガスの生産チェーンに関わる既存または新規のプロジェクトは、プロジェクトの実施、スケジューリング、リスク管理の面で複数の課題に直面することが予想されます。例えば、Oil and Gas Technology Centre (OGTC)が運営する数十のプロジェクトは、COVID-19の発生により、遅延やキャンセルが発生しています。そのため、COVID-19がタンクレベル監視システムに与える影響は、タンクレベル監視システム市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]