スピーカードライバー市場、2020年から2021年にCAGR6.5%で成長見込み

スピーカードライバー市場は、ウーファーやトゥイーターなどのスピーカードライバーを製造する企業(団体、個人事業主、パートナーシップ)によるスピーカードライバーの販売で構成されています。スピーカードライバーとは、電気的な音声信号を音波に変換する装置です。

スピーカードライバー市場は、デバイスタイプ別ではヘッドホン/イヤホン、補聴器、スマートスピーカー、携帯電話/タブレット、スピーカードライバータイプ別ではダイナミックドライバー、バランスド・アーマチュア・ドライバー、平面磁気型、静電型、その他、アプリケーション別では民生用、業務用/企業用、医療用、その他に分類されています。

スピーカードライバー市場は、2020年の209億米ドルから2021年には222億5,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)6.5%で成長すると予測されています。この成長は主に、企業がCOVID-19の影響から回復しつつ、業務を再開して新常態に適応していることによるものです。COVID-19の影響は、それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、業務上の課題が生じていました。この市場は、年率7.1%で2025年に292億9,000万米ドルに達すると予想されています。

スピーカードライバー市場は、世界的なオーディオ・ビデオストリーミングサービスの需要増に支えられていました。これは主に、インターネットの普及率が急速に高まり、人々の間で人気が高まっていることによるものです。Statista社によると、Netflix(OTTサービス)の加入者数は、2020年の第3四半期までに1億9,515万人に増加しました。また、全米レコード工業会(RIAA)の年末レポートによると、ストリーミングサービスは2019年に20%近く成長して88億米ドルとなり、全レコード音楽収入の79.5%を占めています。オーディオやビデオのストリーミングサービスの人気上昇が、スピーカードライバー市場の需要を支えました。

原材料の価格上昇は、スピーカードライバー市場の成長を制限すると予想されます。銅、アルミニウム、スチールなどの原材料の価格変動は、スピーカードライバーの製造コストに大きな影響を与え、メーカーの経費を増加させると予想されます。例えば、2020年代後半、インドの鉄鋼メーカーは、鉄鉱石価格の上昇と鉄鋼需要の旺盛さから、鉄鋼価格を引き上げました。2020年12月には、鉄鋼メーカーは平板品、長尺品ともに1トンあたり34米ドルから37米ドル程度の価格をつけていました。したがって、このような原材料価格の変動は、スピーカードライバーの製造コストに影響を与え、この要因がスピーカードライバーの市場成長を抑制すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]