製薬業界向けAI市場、2020年から2021年にCAGR39%で成長見込み

製薬業界における人工知能(AI)市場は、従来人間の知性に頼っていた作業を自動化されたアルゴリズムで実行する医薬品におけるAIの販売と関連サービスで構成されています。データの取り扱いや、より良い意思決定を促す結果の提示に役立ち、人間の労力、コスト、時間を節約することができます。この市場は、製薬業界で適用されている人工知能(AI)企業が生み出す収益で構成されています。企業間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみが含まれます。

医薬品における人工知能(AI)市場は、技術別に文脈認識処理、自然言語処理、クエリ方法、深層学習、薬剤タイプ別に低分子、高分子、アプリケーション別に診断、臨床試験研究、創薬、研究開発、流行予測に分けられています。

製薬分野におけるAI市場は、2020年の9億1,000万米ドルから2021年には12億7,000万米ドルまで、年平均成長率(CAGR)39%で成長すると予測されています。この成長は主に、企業がCOVID-19の影響から回復しつつ、業務を再開して新常態に適応していることによるもので、それ以前には社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め措置がとられ、業務上の課題が生じていました。この市場は、年平均成長率47%で2025年に59億4,000万米ドルに達すると予想されています。

臨床試験研究への人工知能(AI)の導入が進んでいることが、医薬品市場におけるAIの需要を牽引しています。新薬を市場に投入するには、平均して約10~15年かかり、この時間の半分は医薬品開発サイクルの臨床試験の段階で消費されます。したがって、AIモデルや分析ツールを使用することで、臨床試験段階の加速、疾患の認識、適切な症例や主要な研究者を特定して実施地の選定に役立てたり、斬新な臨床試験デザインをサポートしたりすることができます。例えば、2020年1月、アメリカの製薬会社であるPfizer社は、バイオテックスタートアップのInsilico Medicine社と提携し、創薬ターゲットを特定しました。AIツールを使用することで、ファイザーは医薬品開発プロセスにおいて、創薬をスピードアップし、医薬品開発コストを削減することができます。このように、臨床試験研究へのAIの導入が増えることが、製薬市場におけるAIの推進力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]