ドローンパッケージデリバリー市場、2020年から2021年にCAGR45.5%で成長見込み

ドローンパッケージデリバリー市場は、ドローンで荷物を配送する事業者(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるドローンパッケージデリバリーサービスの販売で構成されています。デリバリー・ドローンは、軽量の荷物を運ぶことができる無人航空機(UAV)です。配達用ドローンは、単独または遠隔で機能し、理論的にはコントローラーが一度に複数のドローンを監視します。

ドローンによる荷物配送市場は、ドローンの種類別に、固定翼、ロータードローン、ハイブリッドドローン、飛行距離別に、短距離<25キロ、長距離<25キロ、荷物サイズ別に、2キロ未満、2~5キロ、5キロ以上、アプリケーション別に、eコマース、クイックサービスレストラン、コンビニエンスストア、ヘルスケア、その他に分類されています。

ドローンパッケージデリバリー市場は、2020年の6億8,000万米ドルから2021年には9億9,000万米ドルまで、年平均成長率(CAGR)45.5%で成長すると予想されています。この成長の主な要因は、COVID-19や社会的な距離を置いた際の非接触型配送の要求が高まっていることです。2025年には、年平均成長率45.1%で44億米ドルに達すると予想されています。

COVID-19期間中のドローン配送の需要増加が、今後数年間のドローンパッケージ配送市場の成長を促進すると予想されます。COVID-19の期間中、非接触型の配送が増加し、企業と顧客のコミュニケーションを必要最小限にするために、ドローンが重要な役割を果たしました。パンデミックの際にはドローンが大量に空を飛行し、重要な商品や医薬品を封鎖された人口に届けます。2020年の最近数週間、アルファベット社のドローン配送会社「Wing」は、COVID-19発生時に個人が社会的距離を置くガイドラインを遵守することで、需要が大きく増加しています。コロナウイルスのパンデミックが続く最近数カ月、多くの個人がサービスを利用しており、Wing社は、2020年2月から2020年4月の間に、同じくオーストラリアで、同社のサービスの利用が500%増加したことを明らかにしました。したがって、COVID-19期間中のドローン配送需要の増加が、ドローンによる荷物配送市場の成長を後押ししています。

ドローン配送のコストが高いことが、今後数年間のドローンパッケージ配送市場の成長を妨げると予想されます。配送用ドローンまたは無人航空機は、指定された場所に商品を配送する無人航空機です。ドローンは、より長く、より安全に飛行し、障害物を回避するための最新技術が必要であるため、コストがかかります。ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)では、ドローンを利用して小包を発送する場合、顧客に約13米ドルを請求していますが、すでに配送している経路に沿って1つの商品を発送する場合の実質的な平均価格は2米ドルに近いと思われます。 したがって、ドローンによる配送のコストが高いことが、ドローンによる荷物配送市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]