水素自動車輸送市場、2020年から2021年にCAGR56.3%で成長見込み

水素自動車輸送市場は、電気自動車の製造を行う事業者(組織、個人事業主、パートナーシップ)による水素自動車輸送サービスおよび関連商品の販売から構成されています。事業体間で取引される商品やサービス、または最終消費者に販売される商品やサービスのみが含まれます。

水素自動車輸送市場は、燃料電池技術のタイプ別(プロトン交換膜型燃料電池、リン酸型燃料電池、その他)、車両タイプ別(自動車、バス、トラック、その他)、エンドユース別(乗用車、商用車)に分類されています。

水素自動車輸送市場は、2020年の20億9,000万米ドルから2021年には32億7,000万米ドルに、年平均成長率(CAGR)56.3%で成長すると予測されています。この成長は主に、COVID-19の影響から回復しつつ、企業が操業を再開して新常態に適応していることによるものです。それ以前に社会的距離を置くことや遠隔地での作業、商業活動の閉鎖などを含む制限的な封じ込め策をとっていたため、操業上の課題が生じていました。この市場は、年率58%で2025年には200億4,000万米ドルに達すると予想されています。

水素燃料電池のインフラ整備に向けた政府の取り組みの増加が、水素を動力源とする輸送機器市場の成長に寄与しています。環境条件に対応するために、様々な政府がいくつかのアプローチを行っています。例えば、アメリカのカリフォルニア州は、2025年までに150万台のゼロエミッション車を導入するという目標を達成するために、100カ所の水素ステーションの開発を約束しました。また、カリフォルニア州は他の州と協力して、水素や電気自動車のための燃料ステーションの設置や建設を容易にするための規制や建築基準法に対応することを提案しています。このような取り組みにより、2025年までに330万台のZEVを州内の高速道路で走らせ、温室効果ガスの排出量を削減し、大気の質と公衆衛生を向上させるとともに、エネルギーの多様性を高め、消費者のコストを削減し、経済成長を促進することで、水素を動力源とする輸送市場の収益を増加させることを目標としています。

水素燃料電池自動車のコストが高いことが、水素を動力源とする輸送市場の成長を妨げると予想されます。水素の製造や輸送にかかるコストは、ガソリンに比べて比較的高いです。California Fuel Cell Partnershipによると、2019年には燃料電池車自体が新品で購入すると割高になり、水素燃料のコストは1ガロンあたりおよそ5ドル60セントになるとのことです。また、California Hydrogen Researchersによると、2020年には、水素ガスの製造、輸送、調合に必要な構成だけで、約100億米ドルかかるとのことです。このように、水素燃料電池自動車に関連する高コストが、予測期間中の水素動力輸送市場の成長を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]